Semiro スマートウォッチ 2018年版

自身の健康状態をより詳細に知るため【スマートウォッチ】を購入しました。私の場合「心拍数」と「血圧」が日常的に知れれば良いかなぁ・・と言う安易な考えでしたが使ってみると時計(カレンダー付き)はおろか睡眠の質まで分かる優れもの♪

 

個人的には「活動量計(万歩計)」や「着信・SMS通知機能」に興味はなく、上で書いている通り「心拍数」「血圧」「睡眠診断」が気に入っています。

 

色々と調べてみると手頃な価格帯に結構な数のスマートウォッチが存在するので、どれを買ったら良いか迷った方は「Semiro 2018年版 スマートウォッチ」を選んでおけば良いのではないでしょうか。

 

ポイントは色違いのベルトが全部で3本入っているのと「iPhone」「スマホ」に簡単に接続出来る事です。

 

ベルトのカラーは「黒」「青」「紫」で、どの色もハズレがありません。(全部綺麗なので大半の人がどれかは気に入るはずです)

 

次にこれが大事なのですが「iPhone」「スマホ」と簡単に接続できる事です。レビューは大半が「さくら」だと思うので参考になりませんが「Playストア」から専用アプリ「H band 2.0」をインストールする際の皆さんの評価がこの「スマートウォッチ」の本当のレビューだと思います。

 

主に「ペアリングが成功しない」という評価が多く書かれていました。成功例も的を得ていない事例が殆どです。

 

ではどうして私は「簡単に接続出来る」と書いたのかと言うと・・

 

答えは簡単です。ペアリングに失敗している人は例外なく自身の端末の「設定」「ロック画面とセキュリティ」「位置情報」を「OFF」にしているからです。

 

最初にアプリを起動する時だけ上記の設定を「ON」にしてやれば簡単に接続出来ます。

 

では手順を説明しましょう。

 

まず上記の手順で端末の「位置情報」を「ON」にします。それから「H Band 2.0」を「Playストア」からインストールし(この時点ではBluetoothはOFF)アプリを起動して下さい。

 

アプリを起動したら最初に「ログイン」を行いましょう。

 

「ログイン」出来たら画面下にある「設置」から、私のデバイスの下の「接続されていません」をタップ、BluetoothをONにするか聞いて来るので、ここで「はい」を選択して下さい。

 

すると「V07S」というデバイスが表示されるのでタップ!これでリンク完了です。

 

それまで「スマートウォッチ」の時間が1時間遅れていたのも(初期設定は中国の時間)接続が成功すると手持ち端末の時間とリンクするので正常な時間に変わっているはず。

 

ポイントは「端末の位置情報をONにする」と「アプリを使ってBluetoothをONにする」で、この2つを意識して接続すれば簡単に出来るので間違っても捨てたりしないようにしましょうw

 

正常にペアリングが行えれば「位置情報」は「OFF」にして構わないので「OFF」にしちゃって下さい。

 

まぁこの価格帯の「スマートウォッチ」は沢山あるのですが、実のところ私はデザインで選んだだけなのです。それがたまたまアタリだったと・・(いや見た目は大事です!)

 

この価格でスペック通りの働きを見せてくれる「スマートウォッチ」なら迷わずお薦め商品認定ですよね。皆さん行っときましょう!

 

【追記】最初、ベルトを手首に固定するのが難しく感じると思いますが慣れれば簡単です。余計な事は考えずに上から力を入れて押してやって下さい。コツを覚えてしまうまでの辛抱ですw

 

上記説明品は販売されていないので現行品の広告を載せています。

2018年7月6日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta