「神技作画」

前回に引き続き toshi さんの本の紹介になりますが、なんて言うか恥ずかしげもなくよくこんな題名にしたなと心底感心します。

 

正直なところ toshi さんの参考書は前回の「アニメーターが教えるキャラ描画の基本法則」と今回の「神技作画」のどちらかが手元にあればおkなんじゃないかと思います。

 

「アニメーターが教えるキャラ描画の基本法則」はこれからがんばって絵を描こうとしている新人絵師向けの内容になっており、今回の「神技作画」は中級者向けと言うか実践的な内容になっています。

 

どれか一冊選ぶとなると・・私なら「神技作画」の方になるでしょうか。まぁ一番最後に出版された本ですので完成度が高いと言うのが理由です。

 

ファッション雑誌では服装とか小物がとても参考になりますが『イラスト』に使う人物の構図となるとほぼ正面向きしかないので実はあまり使えません。

 

実際に使えるような角度から描かれた少し大雑把でも良いので参考になる作画集ってないの?と言う所の需要に答えた本です。

 

初心者なら最初は『コントラポスト』なんかを意識するだけで随分と自然な感じの作画になると思います。

 

慣れてくるとキャラを円の中とかひし形とか三角形の中に納めてバランスをとってみたり、黄金分割を利用したりすると面白いかも知れません。

 

人によって言うことが違うのでアレですがとにかく沢山描け!と言う人が多いです。ですが私は前回よりもクオリティの高いものを意識して描くのが良いと思います。描く度に全力投球でその時の120%を目指して描いていけば自然と上手になるのはないでしょうか?

 

その上手という方向性を明確に教えてくれるのが toshi さんなんかの参考書になるのかなと。

 

でも本当は写真とか人形(フィギュア)とかがあれば一番良いのでしょうけども・・フィギュア買うか!いやそんな落ちにしてはいけないw

 

個人的に描くのが難しいのは靴下を履いてない生足の指先です。以前描こうとした事があったのですが、なかなか上手にかけず苦労しました。結果そういう写真が沢山載っている本を買った記憶があります。

 

手とか足の模型(ある程度稼動するやつ)があれば欲しい所ですかねwとにかく大雑把なキャラの作画としては「神技作画」が一番参考になったので紹介しました。ではでは♪

2017年3月5日 | カテゴリー : | 投稿者 : pasuta