動画鑑賞 僕の心のヤバイやつ

たまには最近の作品も紹介しましょう。今回紹介するのは「僕の心のヤバイやつ」です。

 

私がこの記事を書いている時点で「2期」の「11話」までのTV放送が終了しています。

 

おそらく「13話」までやると思うので残り「2話」になるのかな?

 

この作品は制作会社がとても丁寧に作っていて「佐々木とピーちゃん」のような手抜き回がありません。

 

「2期」に至っては全話神回になりそうな勢いで作られています。

 

ただちょっと設定に無理があるので、そこさえ目をつむれば良質な脚本なのかなと・・

 

まず「中学生」のお話であること。中学生ってここまで異性に興味を持つものなんだろうか?

 

そしてヒロインが「モデル」で女優の道にも歩みだしている有望株の芸能人だということ。

 

そんな女の子が中二病の引きこもり相手に純粋な恋愛をするのもさすがに無理があるかな・・

 

せめてそこそこ人気があるちょっとだけ美人程度の設定だったらリアリティがあって良かったと思う。

 

まぁ色々言いたいことはあれど実際に映像を見てしまうと超面白いので困ったものですw

 

私は「1期」の割と後半になってから「僕ヤバ」を見始めたんですね。円盤が売れたのか「2期」はかなり製作費が向上しているのが分かります。OPなんかが顕著で分かり易いでしょうか。

 

物語の粗筋を端的に説明すると・・コミュ障で引きこもりの中二病(主人公)がクラスにいるモデルさんに興味を持ち、徐々に距離が近づいて行って最後はお付き合いするという話になります。

 

ぶっちゃけヒロインの「山田」はちょっと不自然なくらい真っすぐな女の子です。多少肉食系でもあるので一部のファンからは主人公の「市川」が本当のヒロインという説もあるほど・・

 

私は「僕ヤバ」の登場人物の中だと市川の「お姉さん」が好きですねw

 

EDでも「お姉さん」がとても魅力的に描かれているし制作会社もそれを狙って作ってるとしか思えないんですが・・声優さんも「田村ゆかり」さんだし・・いや確実に狙っているだろうw

 

「お姉さん」人気出るに決まってるじゃんw

 

最終話もどんな内容か知ってるので少し触れると「お姉さん」がとてもイカした存在に見えるはずです。

 

そして「山田」はやはり肉食系だったと・・

 

中学生を題材にした普通のラブコメとして作られていたらここまで人気に火が付かなかったでしょう。

 

「僕ヤバ」の特筆すべき点は主人公「市川」の心理描写が非常に細かく描かれているところです。

 

「エヴァ」に出てくる「シンジ」みたいな描かれ方だと思って下さい。それを客観的に見ている視聴者が「市川」に共感を覚え応援したくなるような構図になり、人気に火が付いたのではないでしょうか。

 

ちなみに私がプレイしている「NIKKE」というソシャゲに登場する「アリス」がどうも「山田」と同じ声優さんなんじゃないかと勘繰って調べたところ・・同一人物だったんですよ。

 

まぁそれがキッカケで「僕の心のヤバイやつ」を見始めたんですけどね。

 

世の中、どんなキッカケで繋がりが広がっていくか分かったもんじゃありません。

 

そう言えば「11話」の終盤に「市川」がちょっとやられそうになってたけど?「最終話」できっちりやられるので「市川」は覚悟しましょう。さすがにこれ以上は言えないかw

 

「僕ヤバ」は皆に薦められる心が温かくなるような作品です。まだ見てない方にはぜひ見て欲しいですね。

 

【追記】はは・・私が思っていた場所が「2期」の最終話になってなかったwネタバレになりますが2人がお互いに告白したところで「2期」は終わりますね。「3期」があるのか気になる所ですがここで終わっておくのも物語としては良いかも知れません。まぁ、あったらあったで「3期」も歓迎しますけどねw

 

2024年3月18日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

動画鑑賞 鬼滅の刃

私は「ufotable」という制作会社が大好きで「鬼滅の刃」も「ufotable」が手掛けているから視聴していたに過ぎません。「ufotable」は過去に「空の境界」「Fate」と作画クオリティが明らかに他の制作会社とは別次元のアニメを制作しています。今回の「鬼滅の刃」はキャラデザインが今までとは違っていたので(筋肉の作画や頭身など)少しやり難いのかなと見ていて感じたのですが・・「1期」「19話」の最後の5分間を見て気のせいだと気付かされました。正直な話「ufotable」にしてはあまり面白いアニメではないと思っていたのですが「1期」「19話」を見終えて『鬼滅の刃はこれから化ける!』素直にそう感じました。

 

「鬼滅の刃」は「1期」の「19話」最後の5分間で将来の大きな成功を約束されたようなものです。

 

初めて「1期」「19話」最後5分を見て鳥肌が立たない人なんていないでしょ?

 

しかも「19話」はそのまま特殊EDに突入してますし・・そろそろ「鬼滅の刃」を見るのを止めようかなと感じてた時期にいきなりこの作画ですよ?もうね、何回繰り返して見たか分からないくらいです。

 

「2期」の「無限列車編」は最初劇場で公開され記録的な売り上げを残しました。「ufotable」関係者の皆さん!あなた方の今までの努力が報われた瞬間ですね。心から「おめでとう」と言わせてもらいます。

 

ここで資金的な余裕が生まれたのか続く「3期」「遊郭編」の作画が凄い事になりました。

 

「3期」で登場する上限の鬼の2人「堕鬼」の配役に「沢城みゆき」そして「妓夫太郎」に「逢坂良太」が選ばれています。特に「妓夫太郎」の役に誰がキャスティングされるかは原作ファンの間でも話題になっていました。

 

演技力はもちろん非常に難しい役どころなので適役はいないんじゃないかとさえ言われていたのですが「逢坂良太さん」が見事に演じ切り、原作ファンを満場一致で納得させています。

 

演技力で言うと「堕鬼役」の「沢城みゆきさん」も凄かったですね。「沢城さん」は日本を代表する声優さんで私もこの方の演技力には毎回感心しているほどです。余談になりますが私が感心している演技力の声優さんはもう1人いて、最近はあまり見かけないのですが「平野綾さん」も凄い演技力の声優さんだと思っています。彼女の後半期の役だと「ウィッチクラフトワーックス」の「ウィークエンド」なんかはエンドロールを見るまで「平野さん」だと分からなかったくらいです。(どんだけ色んな声が出るんだよ!)

 

上手な声優さんだと感心しながら誰が演じてるんだろうと確認してみると想定外の誰もが知っている実力派声優さんだった時の衝撃はすごいですよねw改めて好きになりますw

 

コホン!話を戻しましょう。

 

「4期」の「刀鍛冶の里編」では長い鬼との戦いの末に「禰豆子」が人間に戻るシーンがあります。これまでの物語のクライマックス的な場面になるのでしょう。とても感動的なシーンに涙する人達も多かったと思います。(あ・・今更ですがネタバレ含みますよ?ダメな方はブラウザバック推奨です!)

 

意外かも知れませんが「禰豆子」って「鬼滅の刃」の中では相当な人気キャラなんですよね?

 

(ねんどろいども「禰豆子」は即完売だったはず・・)

 

(でも心配は要りません。相当数が二次受注されているようで今なら普通に購入できます!)

 

「鬼滅の刃」は原作が終了しているのでこれから制作される話数は限られています。しかしまだ終了している訳ではいないので大いに期待して続きを待ちましょう。

 

ufotableが手掛ける「鬼滅の刃」は間違いなく全てのアニメの頂点に君臨する最高のクオリティで作られるはずです。私が思う「鬼滅の刃」最大の魅力は過去に類を見ない作画力ではないでしょうか?特に戦闘シーンは目を見張る物があります。昨今は日本のアニメを少しでも奥深く理解するために日本語を勉強する若者が増えているそうです。海外でも、いや海外の方が日本のアニメ熱は高いのかも知れません。

 

「鬼滅の刃」以外でもクオリティの高い作品が増えてきています。私はこの時代に日本人としてアニメに接する事ができる生活を送れることに幸せを感じます。

 

まぁ社会人として普通に働いていても給料は上がるどころか下がる一方で物価や税金だけが大きく引き上げられるという面については残念な国になったなと実感しますが・・

 

マズイ・・また話が脱線して・・

 

まとめると「鬼滅の刃」はこれまでも、そしてこれからも最高のクオリティで私達を魅了する作品であるのは間違いありません。「1期」の途中から見なくなった方や、最近になって途中から見始めた方はぜひ最初から全ての物語をご覧になって下さい!絶対に面白いですから!私が言えることはこれくらいかなw

 

2024年3月12日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

今期聴中のアニメ

今期視聴しているアニメは3本あります。

 

僕の心のヤバイやつ 2期」「魔法少女にあこがれて」それに「異修羅」なのですが「異修羅」はなかなか面白くならないんで見続けるかちょっと迷ってるところです。(たぶんこれから面白くなるはず!)

 

「僕の心のヤバイやつ」のクオリティが「1期」に比べると相当上がっています。もしかしたら円盤が思いの外売れたのかも知れません。「OP」からして気合入ってたしね。個人的には「ED」が好きなのですがw

 

「魔法少女にあこがれて」はめちゃめちゃエロいので視聴される方は注意して下さい。内容はタイトルの通りなのですが・・まぁちょっと上級者向きのアニメとだけ言っておきましょう。

 

「異修羅」は1話のクオリティが半端じゃなかったので見ている感じでしょうか。なにせ登場人物が多いのでそれらを一通り紹介してからバトルが始まるようですし・・どうしても時間が必要になります。

 

今はバトルが始まる前なのでそろそろ面白くなると信じて待っている最中なのです・・

 

この3本を視聴していますが文句無しで面白いのは「僕ヤバ」です。1本に絞るならこれを見て下さい!

 

2024年2月19日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

私が好きなアニメの挿入歌BEST10(劇場版含む)

さて・・どういう風に記事にしたら良いものか・・

 

私がTVのアニメを視聴し始めたのは「とある科学の超電磁砲S」が始まる少し前の頃だったと思います。

 

なのでその頃から昔のアニメで評判が良かったものを色々と調べて見ていた記憶がありますね。

 

それ以前はあまり真剣に視聴していなかった感じでしょうか。

 

今回は好きなアニメのBEST10ではなく、私が好きになった「アニメの挿入歌」でもないか・・とにかく強烈に記憶に残ったインパクトのある「アニメの挿入歌」を10曲選びました。

 

おそらく昔からのアニメ好きなら知っている曲が多く入っていると思いますw

 

では10位からいきましょう。

 

「10位」 「Forever…

ちょっと意外性のある曲を入れたくてこれを選びました。「エレメンタルジェレイド」の「OP」です。

 

「10位」 「君の知らない物語

ご存知「化物語」の「ED」です。私はもう本当にこの曲が大好きで今でも通勤の時間に車で聴いています。

 

「9位」 「アンインストール

これは曲だけ知ってる人が多いんじゃないでしょうか?「ぼくらの」というアニメの「OP」です。

 

「8位」 「創聖のアクエリオン

AKINOさんが歌う「創聖のアクエリオン」の「OP」です。一度聴いたら覚えてしまいますよねw

昔「ニコニコ動画」で「MAD」がよくアップされてたのを覚えていますw

 

「7位」 「only my railgun

こちらは割と最近かな?「fripSide」が歌う「とある科学の超電磁砲」の「OP」になります。

 

「6位」 「残酷な天使のテーゼ

この曲も知らない人はいないかなw高橋洋子さんが歌う「新世紀エヴァンゲリオン」の「OP」です。

 

「5位」 「思い出がいっぱい

この曲も有名かな。H2Oが歌う「みゆき」の「ED」です。知らない人だとなぜこんなマイナーな曲が「5位」なの?って思うかもですが「みゆき」を見ていた世代なら納得のランクインですよね?

 

「4位」 「ゆずれない願い

「魔法騎士レイアース」の「OP」なんですが私は曲だけを知っていて本編を見たことがありません。

それでも深い感動を覚える名曲で、当時は喫茶店とかデパートとか至る所でこの曲が流れていました。

 

「3位」 「Get Wild

皆さんご存知「CityHunter」の「ED」です。この頃の「TM Network」は飛ぶ鳥を落とす勢いでしたからねw

 

「2位」 「愛・おぼえていますか

劇場版「超時空要塞マクロス」のクライマックスに流れる名曲ですね。1曲の歌が戦争を終わらせるという無茶な物語なのに違和感が全くなく感動すら覚える魅力的な脚本と楽曲だったのではないでしょうか?

子供ながらに見ていて思ったのは普通そんなおばちゃんよりもアイドルを選ぶだろう?だったかな。

 

「1位」 「鳥の唄」

「AIR」のOP曲です。京都アニメーションの最初のヒット作になるのかな?当時「AIR」を一気見して2週間ほど仕事が手に付かなかった記憶があります。それほど見る人の心に大きな衝撃を与える作品です。

もしこれから「AIR」を一気見しようと考えている人がいるなら長期休暇の最初に見る事をお薦めします。

間違っても普段の日に少しづつとか見てはいけません。仕事が手に付かなくなりますので・・

 

これで御終いです。如何だったでしょう?皆さんが考える選曲とは違うと思いますが聞いてみると確かに聞いたことのある曲だ!というのが幾つかあったんじゃないでしょうか?

 

▲北海道産の無洗米「ゆめぴりか」です。とても美味しいので普及活動でもしようかと♪

2024年2月18日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

グーグルアナリティクス 「GA4」 めちゃめちゃ分かり難い

長い間愛用してきた「グーグルアナリティクス」ですが、度仕様が「UA」から「GA4」に切り替わりました。

 

うちの環境から言えば2023年10月から突如「アナリティクス」が反映されなくなり非常に困っている。

 

随分前から「GA4」に移行しろ!とメッセージが入っていましたが、分からないなりにも設定を取り決めて「GA4」に変更・・全くもって反映されない・・なので元に戻しています。

 

調べてみると反映されるまでにかなりの時間を必要とするのだとか・・長かったら72時間反映されない事も・・こんなわけ分からないアプリへ強制的に切り替えさせるとか頭おかしいんじゃないの?

 

ぶっちゃけ「UA」でも相当複雑だったと思うんだが・・

 

しかも、やらなくていいのに「設定しろ!」と催促がしつこいので早期に設定を終わらせるも「GA4」に切り替えたら全く反映しない・・仕方なく元に戻す・・10月になると「UA」が完全に機能しなくなる・・更に「GA4」も機能しない・・もうね・・腹立ってきたから「アナリティクス」を削除しましたよ。

 

相当な時間を費やしたので、もっと早く見限れば良かったと後悔している。

 

恐らくですが催促されても「GA4」の設定をしなかった方は自動でスムーズに「GA4」へ移行出来ているんじゃないでしょうか?私のように事前に設定を終わらせてしまうと沼にハマってにっちもさっちも行かなくなります。あまりに分かり難いのを自覚しているのか最近になって物凄い量の説明文が追加されていますが、どこから手を付けてよいのか全然分かりません。

 

何て言うか・・番号を付けて「この順番で設定していって下さい」的なものを完結につくれないのだろうか?わざと読ませないために大量の文章で誤魔化している規約を読まされている気分だ!

 

ブログを開設している関係上「アナリティクス」は必須級のアプリなんだけど、さすがにこれ以上時間をかける訳にはいかないので私はここでリタイヤします。

 

今までお世話になりました。これは私の予想ですが「アナリティクス」の代わりとなる機能限定版の使い易いアプリが出てくるのではないでしょうか?私はそれを待ちたいと思います。では!

2023年10月15日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

過去のお薦め作品 「エアマスター」

さて、今回紹介するアニメは私が独断と偏見で選んだ過去のお薦め作品になります。

 

最初は大道から離れた場所で私の大好きな作品を紹介したいと思います。

 

作品名は「エアマスター」これは2003年の4-10月にかけて放送されたTVアニメですが今から視聴するのは相当困難と思いきや・・何と「Blu-ray」のBOXが発売されているじゃありませんか!

 

これなら余裕で見れますねw

 

昨今の格闘ブームで発売に漕ぎつけたのでしょうか?ともあれ嬉しい誤算ですw

 

簡単に粗筋を紹介しますと・・幼少期に体操選手として英才教育を施されていた主人公の「相川 摩季」はトレーナーである母の死を期に目標を失ってしまう・・そんな時、路上の格闘技にハマるのでした。

 

ネットで中継される深道ランキングにおいて「相川 摩季」は見る者を魅了する独特な空中殺法を行うことから「エアマスター」と呼ばれ人気に火が付きます。

 

このアニメの面白いところは路上の喧嘩なのにあらゆる分野の格闘技が終結していて、どちらかというと喧嘩よりも異種格闘技に近い感じです。登場するキャラの個性も強く見ていて飽きませんw

 

キャラの作画が個性的なので見る人を選ぶかもですが、そこをクリア出来るなら没頭間違いなしです!

 

個人的には「坂本ジュエリエッタ」とか大好きでしたねw

 

この作品を知らない人が見るのは難しいと思います。そこは否定しません。ですが過去に一度見ていた人なら・・この良さは分かりますよね?もう一度「Blu-ray BOX」で一気見しませんか?

 

今回は懐かしの格闘アニメ「エアマスター」の紹介でした。

 

2023年8月28日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

シン・仮面ライダー Amazon prime video

すっかり遅くなってしまいましたが「シン・仮面ライダー」の紹介をしたいと思います。

 

まぁ本当のところは「Amazon prime video」に出たタイミングでてっきり記事を書いたと思い込んでいましてw実際には書いてなかったという落ちですねw

 

今回の「シン・仮面ライダー」はアニメ「エヴァ」で有名な「庵野秀明」が監督した特撮映画になります。

 

直近で言うと「シン・ウルトラマン」が「Amazon prime video」に出ていました。

 

最近「庵野監督」は昔の特撮ものを劇場版にして新しく作っている傾向にありますね。

 

「庵野監督」の映画作りの特徴としましては、ほどほどの予算で確実に黒字収入を叩き出してくる堅実なタイプです。今回の「シン・仮面ライダー」は海外のオタク連中にも響くものがあったようで一部で熱狂的に支持されているのだとか・・

 

今はお盆休みですし大したお金を使わずに自宅でのんびり過ごすには「アニメ」や「映画」はプライオリティの高い選択肢に入るんじゃないでしょうか?「prime会員」の方はぜひ「シン・仮面ライダー」や現在放送中のアニメ「無職転生」を見て欲しいですね。

 

さて肝心な「シン・仮面ライダー」の内容ですが・・想定していた以上にアクションシーンが本格的に作られています。

 

正直なところ以前「庵野監督」が作った劇場版「キューティーハニー」を基準に今回の「シン・仮面ライダー」を語るのは辞めておいた方が賢明かと・・「シン・仮面ライダー」のアクションは良く出来ています。

 

大袈裟な立ち回りが必要なシーンでは3DCGを上手に使っていて違和感もありませんでした。

 

ただ脚本に遊びが無く必要最低限のセリフしか入れずに仕上げてきたなと言うイメージはあります。

 

庵野監督は終始アクション監督と揉めていたそうですが見る側としては『悪くない!良い出来に見える!』これが本音です。これは珍しいパターンだと思うのですが役者や関係者と仲良くしていたから良い物が出来るわでもなく、仲が悪かったから悪いものに仕上がる訳でもないと言う事なんでしょうね。

 

つまりはここに紹介記事を書いている時点で私が面白いと感じている映画ですw

 

皆さん私のお薦め作品を是非お盆休みに見て楽しんで下さい。では!

 

2023年8月12日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

今期視聴中のアニメ

ぶっちゃけると今視聴しているアニメは「無職転生 2期」だけです。

 

「1期」が面白かったので「2期」も期待していました。「5話」まで見ましたが毎回めちゃめちゃ面白いですw

 

実のところ「無職転生」「2期」は「5話」までEDが存在しません。

 

「5話」になって初めてEDが挿入されたのですが、内容は「シルフィ」の切ない恋心を描いたもので「ラノア魔法大学」にいる「フィッツ」としての立ち場から、幼少期の思い出を交差させジレンマに陥る「シルフィ」には誰もが共感することでしょう。

 

確かにこの内容であれば「5話」までEDが追加されなかったのには納得です。

 

控え目に言って「5話」から追加されたEDはとてもとても良かったと思います。

 

OPも新しく追加されているので触れておくと・・「ルーデウス」が愛した3人の女性・・と言うよりも彼を心底慕っている3人の女性を色違いの鳥に見立てた素敵な演出のOPに仕上がっています。

 

「ルーデウス」を「魔法大学」まで導いた「青い鳥」は「ロキシー」で、階段を上がっている「ルーデウス」を陰から見守っている「赤い鳥」は「エリス」ですね。そして校内で彼を導いている「緑色の鳥」が「シルフィ」です。

 

これまでも超面白かった「無職転生」ですが「6話」以降も期待しかありません。

 

まだ見られてない方はマジで見て下さい。私からのお薦め作品です。

 

2023年8月8日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

今季視聴していたアニメ

今期は仕事が忙しく休日もやる事が多くてアニメをまともに見る時間があまり取れませんでした。

 

なのでまともに最後までアニメは「鬼滅の刃 3期」だけです。

 

実はもう1作品最後まで見るつもりのアニメがありました。4話か5話辺りで見るのをやめましたが・・

 

作品名は・・「王様ランキング」で「1期」が半端なく面白い作品です。

 

心底「2期」が始まるのを望んだ作品でしたが「2期」は全ての話に関連性が無く面白くありません。全話見たら違った感想になったかも知れませんが、つまらないものをいつまでも見てくれるのは身内だけです。

 

私は身内ではないので途中下車しました。

 

そしてまだ見ていないのですがどこかで時間を取り「後半」を一気に見るつもりなのが「機動戦士ガンダム 水星の魔女」です。「前半」はあれほど興奮してみていたのに「後半」は後回しにするくらい熱が冷めていました。おそらく「鬼滅の刃」に熱を奪われてしまったのだと思います。

 

個人的には「鬼滅の刃」は史上最高のクオリティで仕上げられた作品だと思っています。これを超える可能性があるとしたら同じ制作会社が「鬼滅」を超えるつもりで作る作品だけでしょう。

 

他には無理だと思います。ここの会社は社長が汚名を着てでも社員のために行動する人間なので、そういう人の所だからこそ作画監督やアニメーターそして協力会社が全力を出してくるのだと・・

 

私は「空の境界」の時から底なしに向上心のある人達の集まりなんだなと思ってましたw

 

この会社が世間に認められてなんだか私もちょっと嬉しい気分なのですよ。

 

最後にダークホースなんですが脚本に無理があり普通に楽しめるはずないと確信していた作品「ボクの心のヤバいやつ 1期」が以外にも面白かった。(いや全部は見てないんだけどね・・)

 

なので今季は「鬼滅」「彗星の魔女」「僕の心」の3作品が私からのお薦めとなります。

 

2023年7月3日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

シン・ウルトラマン Amazon prime video で配信開始

タイトルの通り「Amazon prime video」上で「シン・ウルトラマン」の無料視聴が可能になりました。

 

気になっていたけどまだ見れていない方はこの機会を逃さずに視聴しちゃいましょう!

 

視聴を終えての感想を言うと・・「初代ウルトラマン」「帰ってきたウルトラマン」辺りを見ていた層には忖度無しに受ける内容だったと思います。

 

BGMもウルトラマンの造形も当時のそれをオマージュした作りになっていました。

 

庵野秀明は当時のウルトラマンを現代の技術で再現した作品を作りたかったのではないでしょうか。

 

海外の人達には見向きもせず年代でいう所の・・50台の日本人のためにだけ作られた極上の作品です。

 

当時子供だった、現在50台の男の人達は絶対に見るべき作品だと強く推奨しましょうw

 

しかしこのような狭いストライクゾーンの映画をよく作らせてもらえましたね・・

 

いや私は超嬉しいのですけどw

 

「ゴジラ」「ウルトラマン」たしか次は「仮面ライダー」だったかなw期待してますよ庵野監督w

 

2022年11月19日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta