冬支度・・

毎年寒くなってくるとボイラーの給湯管が凍らないよう断熱材のかわりに「あるもの」を巻いています。

 

給湯管に巻いているのは買い物をした時ダンボールの中に緩衝材として入っている「袋」です。

 

いつも給湯管に巻き付ける分の緩衝材を捨てずに残していて断熱材代わりに巻いていますw

 

まぁよく持って2年なんですけどねw

 

テープが劣化したり袋がしぼんだりと交換理由は様々ですが見ての通り長持ちする素材ではありません。

 

この場所も一度凍結した事があるのでナイロン系の緩衝材を継ぎ足して箱型にした上でガムテープでぐるぐる巻きにしました。

 

こんなのでも一応凍結する事はなくなっているので大いに役立っています。

 

小さなお子さんがいる地域だと袋はすぐにしぼんでしまいそうですねw

 

今回はおばぁちゃんの知恵袋的な話でした。

2020年11月16日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

2020年5月4日 Google コアアップデート PV激減

実は5月初旬から私のブログが全く上位に入らなくなり検索しても県外に飛ばされると言う謎の現象に見舞われ、ちょっと立ち直れなくなるほどの強烈なダメージを精神に受けました。

 

根気強く4年ほどがんばってようやく軌道に乗り始めた矢先に突然訪問者数が80%ダウン!しかも一時的なものではなく『これがデフォルト状態!』(つまり恒久的)というのがエグい。

 

色々調べてみて分かったのが2020年の5月にGoogleが「コアアップデート」を行っていて、その影響で「個人のブロガー」や「アフェリエイト」をやっている人達の順位が軒並み大幅ダウンしているのだとか・・

 

変わりに「企業」や「メーカー」の公式サイトが上位を独占するようになったみたいです。

 

つまり一番確実で正解に近い記事が上位を占めるようになったわけですね。でも公式サイトって良い面だけをアピールしている偏った内容のものが多いと感じます。やはり悪い面も含めた信憑性の高い記事というのは個人ブロガーが書いている記事の方ではないでしょうか?それが表に出てこないと言うのは検索エンジンを利用する側からすると・・非常に不便だと感じます。

 

何か商品を購入しようと思った時に最近だと「価格ドットコム」やその商品自体に「レビュー」があったりするので、そこの評価を当てにして注文を確定したりしますよね?

 

ただ「レビュー」も販売元の関係者が意図的に高評価している事例もあるため、そこまで信頼性のあるものでもないと言えるでしょう。そんな時に検索エンジンを利用して個人ブロガーの記事を参考にしている人ってそこそこ居るんじゃないですか?

 

なのに検索したら公式関係のサイトばかりが上位にきて実際の「使用感」や「メリット」「デメリット」を書いている記事に辿り着けないのでは残念だと思いませんか?

 

今の私の心境は上に書いたような感じです。

 

ただ今までもGoogleの「コアアップデート」で訪問者数が半分位になっていた事は度々ありましたが、今回のような致命的な激減は初めてだったので何が起こったのだろうと必死に調べ回りましたね。

 

そして今までだと少しづつ回復していき半年くらいで元に戻っていたのですが今回は4ヶ月経過しても変化無しです。自然治癒を期待するのは厳しいのでこちらが変わるしかありません。

 

とりあえず私が行ったのは最近自身のサイトのアドレスバーに「セキュリティ保護なし」とか表示されるようになったので「SSL証明書」を発行してみました。常時暗号化しているサイトに関してはGoogleも2014年頃から検索結果が上位にくるよう優遇すると言っているので期待出来るかもしれません。

 

後はやらないと思いますが色々な種類の記事をひとつのサイトにまとめるよりも一点特化型のサイトにした方がより上位にくるらしいので、どうしても変化が無かった場合はサイトを3つか4つくらいに増やしてそれぞれ内容を特化して運営していくつもりです。(でもお金かかるから無理だろうなぁ・・)

 

まぁ何か変化があれば報告したいと思います。(個人ブロガーの9割が大ダメージを受けているとかいないとか・・そういうレベルの問題なので少しでも改善できれば報告します)(皆で生き残りましょう!)

 

【追記】自己サイトに訪れた方が安心して閲覧できるよう「SLL証明書」を発行して『接続がセキュリティで保護されています』と表示されるようにしました。更にサーバーの「CPU」「メモリ」の交換、そして「HDD」から「SSD」への乗せ換えで応答性をアップさせています。

 

まぁ最初に手を付けたのは物理的なハード面の改善ですが微量とはいえ確実なレスポンスの向上が見込めます。何よりサイトに訪れた方が安心して見ていられる環境を目指しました。(効果はあったかな?)

 

【追記】やれる事はやりましたが幅広く記事を書くスタンスでは現在のGoogleの検索にヒットしません。そろそろブログも辞め時?思えば相当に時間を食っただけで見返りは鯖の維持費くらいでしょうか。時間の無駄ともいえる結果でしたね。(ブログ辞めた人多いのも納得です・・)

 

間違いなくインデックスまるごと吹っ飛んでいるので自力回復するのに何年かかることやらです。

 

【追記】9/15辺りから少しずつインデックスが回復してきました。こちらからは特に何も行ってません。一体Googleは何がしたいのか?意味が分かりません。(それでも以前の30%程度)

2020年9月1日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

Chromium版 Microsoft Edge その2

2020/6/16のWindows更新でChromium版「Edge」がOSのデフォルトブラウザに設定されました。

 

つまり・・簡単に「アンインストール」出来なくなった事を意味します。

 

多くの日本人にとって迷惑極まりない話なので、おそらくは暫定的な処置がすぐ取られると思います。

 

こんなカクカクのフォントのまま日本で実装しちゃう会社には何も期待していませんが、まぁそれなりに時間が経てば直るんでしょう。(以前の「Edge」もそうでした)

 

とりあえず「新しいEdge」は日本語のフォントが酷いので別のフォントに切り替えるか(色々と試したのですが全部カクカクでした)『システムの復元』でさっくり直前の状態に戻すのが良さそうです。

 

今回はOSのアップデートによるブラウザの更新なので「新しいEdge」をインストールする直前で「復元ポイント」が自動生成されています。

 

その「復元ポイント」を使えば簡単に「新しいEdge」から「古いdge」へ戻せるのです。

 

やり方は「コントロールパネル」から「システムとセキュリティ」を開き、一番上にある「セキュリティとメンテナンス」から「回復(R)」へ進みます。

 

そして「システムの復元を開く」で復元ポイントを選択しましょう。(「新しいEdge」をインストールした直後ならそのまま最新の「復元ポイント」で問題ありません)

 

注意するのは復元ポイントの作成時間が今回のアップデートよりも以前の日付になっていなければならない事です。

 

確実に行いたい場合は「影響を受けるソフト」から削除されるソフトの中に「Microsoft Edge」が入っているのを確認してから行いましょう。

 

面倒ではありますが、以降OSの更新は行わず、日本語フォントの問題が解決するのを待ってから更新すれば一応は大丈夫かと思います。

 

まぁこれはどうしても「古いEdge」を使いたい場合の最終手段だと思って下さい。(最後になりましたが自己責任ですよ!自己責任!)

 

【追記】もし電源を落とす際に再度アップデート更新が来た時は、落ち着いて「すべての設定」「更新とセキュリティ」「詳細オプション」この中にある「更新の一時停止」から日付を最大限引き延ばして下さい。

 

これで1か月位はOSのアップデートが自動で行われなくなります。(もちろんシャットダウン時の更新のメッセージも入りません)

 

本音で言うと日本語のフォントくらいまともに表示されるようになってから実装して欲しい・・困ったものです。

2020年6月18日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

Carrozzeria AVIC-CZ910 データ更新 2020/05

Carrozzeriaの2019版サイバーナビ「AVIC-CZ910」の最新版データが2020年5月に更新されました。

 

うちのナビはWiFi化していないのでPCからデータをSDに保存してナビへインストールしています。

 

やり方は『こちら』で詳しく説明しているので今回は簡潔に済ませます。

 

それでもまぁ一応説明すると・・

 

Pioneerの『お客様メニュー』にある「お知らせ」を見てカーナビのデータ更新があるようでしたら「MapFan」へ飛んで最新データをダウンロードして下さい。

 

ダウンロードしたフォルダ「ALLDATA」はZIPファイル(圧縮ファイル)なので右クリックから「全て展開」を選択して中身を「SD」へドラッグしましょう。

 

あと分かり難いのはライセンスデータの「PCLINK.DAT」で、これがないようであればもう一度ダウンロード画面へ飛び「次へ」を選んでSDまでインストールして下さい。

 

SDの中に「AVICCZ910」「MAUnit」「UPDATE」「DataCheckList.lst」「PCLINK.DAT」もしくは最初の「AVICCZ910」が無い状態ならおkなので、そのSDをナビへ挿入してみましょう。

 

あとは勝手に「更新データがあります。更新しますか?」的なメッセージが出るので更新して下さい。(でなければ失敗です。もう一度よく読んでSDにデータをインストールしましょう)

 

バグフィックスもあるので出来る限り新しいバージョンにして使うのが好ましいと思います。

 

ナビ更新には車のエンジンをかけた状態で20分から30分の時間を必要とします。時間的な余裕がある時に行うのが良いでしょう。

2020年6月7日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

Chromium版 Microsoft Edge その1

しばらく新しい「Edge」をwindows10の標準ブラウザとして使っていました。

 

まぁ、最初出た時の「Edge」もそうでしたが英語表記のフォントしかまともに作られていないので日本語がめちゃめちゃ汚いです。

 

設定や他フォントではどうにもならなかったので今回は諦めておきます。

 

何と言うか・・一番大事なところなのでここを解決してから一般公開してほしいなと切に感じました。

 

もう昔のような優秀な人材はいないのでしょうねェ・・

 

どこの会社にも言えることですが中間管理職や上がバカだと何も考えずにぽんぽん人を切ってくるので今まで出来ていた事も満足に出来ない企業に成り下がります。

 

1人で3人分の仕事をやっていた人材を切り捨て通常の6割程度しか出来ない人材を残す・・もしくはその人じゃないと出来ないのにちょっとした融通を聞かなくて辞めさせてしまう・・

 

もう取り返しがつかない事に気付くのは会社が倒産する寸前になってからかな?

 

日本だと個人の能力無視で一律同じ賃金で人を雇う傾向があるので私が見てきた経験からするとどう見ても『一生懸命仕事する人が損をする社会』です。

 

昔、私の知人が真顔でこう言ったのを最近になってよく思い出します。

 

『わざと手を抜いて仕事が出来るとは周囲に悟られない方が絶対に良いですよ』本当にこの通りですね。

 

ヨーロッパでは安易に他国から人材を招き入れる事はしません。理由は10000人招き入れると自国から10000人の失業者が出ると考えるためです。

 

多少脱線しますが日本は政府が取った外国人労働力の拡大の影響で大勢の人が職を失い、最低賃金を維持したままの状態が続いています。

 

この辺りはもうちょっとヨーロッパを見習ってほしいですね。

 

もう完全に違う話に脱線しましたがw結果だけ言うとまだまだ新しい「Edge」は使うべき時期ではないのでインストールする必要はないでしょう。

 

もし「Chromium版」の「Edge」を入れてしまって元の「Edge」に戻したいと思っているなら普通に「アプリ」からアンインストールすると元の「Edge」に戻るので安心して下さい。

 

今回は新しい「Edge」を日本で使うには時期尚早ですよという話でした。では!

2020年6月6日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

WindowsDefender フルスキャン

黄金週間ですが自粛して家でじっとしている人が多いと思います。また、そうしなければ自身の周りにいるお年寄りを大変な目に合わせる可能性があるのも事実です。

 

今回は家でじっとしている間にPCのセキュリティメンテナンスをやってしまおうという企画になります。

 

昨今ではどの家庭にもPCが1台はあるのではないでしょうか?

 

特にまだ「Windows7」を使われている方!実は今でも「WindowsDefender」の更新は続いているので、こちらを更新した上で「フルスキャン」し、変なウイスルに感染していないかチェックしましょう。

 

やり方は「windows7」であれば検索欄で「windows」と入力、すると上の方に出てくるはずなのでそこから「WindowsDefender」を選択して「フルスキャン」を行って下さい。

 

「Windows10」なら「すべての設定」「更新とセキュリティ」「Windowsセキュリティ」「ウイルスと脅威の防止」そこにある「現在の脅威」にある「スキャンのオプション」で「フルスキャン」を行って下さい。

 

時間は掛かりますが必ず「クイックスキャン」ではなく「フルスキャン」を行いましょう。(8分から40分で終わります)

 

「クイックスキャン」は過去のデータからよくウイルスが混入しているファイルをだけをスキャンするため短時間で終了しますが、個人情報を盗もうと考えているウイルスの場合、その場所を避けてウイルスを仕込んできます。

 

つまり「クイックスキャン」はあまり期待できないのですね。

 

「フルスキャン」なら全てのファイルをチェックするのでOSに付属の「WindowsDefender」であっても高確率で見つけてくれます。

 

「ウイルス」が見つかった場合もクリーンして除去が可能なので「WindowsDefender」は優秀ですよ!

 

こんな時だからこそ普段は時間が掛かって出来ないPCのメンテナンスをやるチャンスだと思うのは悪くない考えのはず。(家にあるPC全部やっちゃいましょう!)

2020年5月2日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

kb2267602 Windows Defender 更新エラー

うちはPC6つを常時併用していますが、そのうちの1つが(割と使用頻度の高い「vaio」)【kb2267602】という「WindowsDefender」の定期更新が完了しません。

 

いつの間にか「WindowsDefender」の機能も停止しているという深刻なオマケ付きで・・・

 

ぶっちゃけ放置できない案件なので早急に回復させたいところですが全然直りません。

 

なぜか「システムの復元」も最近の1つだけが残っていて以前のものは全て消去されている状態・・(これって悪質な「ウイルス」に感染している可能性が高い?)

 

直る見込みがないのでOSのクリーンインストールをしなければいけなくなりました。

 

Windows10は起動中の操作で簡単にOSの再インストールが出来ます。しかも個人設定を残したままの再インストールが可能です。

 

ただし、自分でインストールしたアプリやvaio専用アプリ(ドライバも含む)は綺麗になくなっちゃうので正直やりたくありません。

 

そこでOSだけを「アップグレード」する方法を使えばアプリやドライバも全て現状を維持したまま再インストール出来るので、同じように困った状況に陥った人にはお勧め出来る方法かと思います。

 

やり方は『こちら』こちらから「Windows10のダウンロード」を行うだけです。

 

では詳しく説明しましょう。

 

上記サイトに飛ぶと「今すぐアップデート」と「ツールを今すぐダウンロード」の2つが選択できるので「ツールを今すぐダウンロード」の方を選択します。

 

適用される通知とライセンス条項「同意する」>実行する操作を選んで下さい「このPCを今すぐアップグレードする」にチェック「次へ」>言語、アーキテクチャ、エディションの選択「日本語」「Windows10」「64bit」にチェック「次へ」>使用するメディアを選んで下さい「ISOファイル」にチェック「次へ」>

 

すると、Windows10をダウンロードしています、と出るので終了したら「次へ」>更新プログラムをダウンロードしています、これも終わったら「次へ」>インストールする準備ができました、「Windows10Proをインストール」「個人用アプリとファイルを引き継ぐ」にチェックが入っているのを確認して「インストール」>

 

Windows10をインストールしています、完了するまで電源を切らずに待ちましょう。

 

インストールが無事に完了したら再起動していつも画面に戻っているはずなので、これにて作業終了です。お疲れさまでした。

 

私はOSの更新がきっかけでどうする事も出来ない状態になっていましたが、この作業でなんとか元に戻りました。(厳密に言うと余計な更新プログラムが入ってない分、以前よりも快適になってます。)

 

上記方法は、どうしても “現状のアプリを維持したい” という人への最終的な手段なので実行される方は自己責任で行って下さい。

 

もちろん他の方法で改善した方がリスクが少ないはずなので一度web上でしっかりと調べた上でどうにもならなかった場合のみ試してみると良いでしょう。

2020年4月23日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

「KB4540673」 不具合

Windows10で「kb4540673」のパッチを当てたらゲームが少し重くなって「ShadowPlay」が正常に働かなくなりました。

 

一応「FF14」をプレイしているユーザーはインストールするのを見送った方が良いでしょう。

 

もし入れてしまった人は「コントロールパネル」>「システムとセキュリティ」>「セキュリティとメンテナンス」>「回復(R)」>「システムの復元を開く」

 

上記の方法で「システムの復元」を行って下さい。

 

私の場合はnVIDIAのドライバも更新していたため、こちらも最新版の「442.59」から「442.50」に戻しています。

 

何やら続けておかしなパッチを当てているようなので、しばらくはしっかり調べてからアップデートするのが正解でしょう。

2020年3月14日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

GeForce VGA ドライバ 442.19

「GeForce Experience 3.20.2.34」の更新と一緒に「GeForceドライバ 442.19」の更新も行いました。

 

Windows10で「G-SYNC」を使っている人は「VGAドライバ」の更新には慎重になっているはずw

 

とりあえず上記パッチに関してはインストールしても問題がなかったので一応の報告です。

 

「ShadowPlay」を使ったゲーミング録画も引き続き出来ているので安心して下さい。

 

どうやら去年の途中くらいからNVIDIAのドライバは概ね安定したようですね。(良かった良かった)

 

なにせダメな時は物を売るだけ売っといて全然使い物にならなかった挙句、型番の違う新製品をサクっと出しちゃう時があるからねェ・・

 

結構長い間「GeForce Experience」と「GeForce VGA」のドライバが更新出来なかった身としては、過度なくらい慎重にしていてもやり過ぎという事はないと思います。

 

まぁそんな訳で今回の「442.19」は「FF14」をやる分には問題ないというお話でした。

2020年2月23日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

GeForce Experience 3.20.2.34

最近「GeForce Experience」の更新を行いました。verは「3.20.1.57」です。

 

1週間程の使用ですがうちの『主PC』『サブPC』どちらも問題なく動いております。

 

特に「主PC」の方はほぼ常時「G-SYNC」「240Hz」という、かなり過酷な状態にも関わらず空冷静音PCとして機能しているのだから大したもんです。

 

今回は特に補足事項はありません。

 

「3.20.1.57」に更新しても引き続き「ShadowPlay」での録画は出来ていました。

 

なので同じような環境の人は「GeForce Experience」の更新を行っても大丈夫ですよという内容です。

2020年2月23日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta