「勝利の女神:NIKKE」 その106 「1.5周年」LAST KINGDOM

「イベントストーリー」の粗筋を紹介していましたが、長くなりそうなので新しい記事にしました。

 

以前のように写真を見ただけで、ある程度の内容が理解出来るようにまとめています。

 

では「LAST GINGDOM」のラストパートをダイジェスト版でどうぞ!

 

「キロ」と「タロス」が「トーカティブ」の侵入を確認!

 

 

「ニヒリスター」を捕食してから戦闘力が大きく向上している「トーカティブ」だったが・・

 

1回目の衝突では無残にも負けてしまう。

 

「トーカティブ」は後ろで「ラプチャー軍団」と戦う「マリアン」を目で追った・・因子は活性化しているのに何故味方ではなく敵として戦っている?「トーカティブ」は激しく高揚し、変異を始めた・・

 

 

「トーカティブ」の両腕に「ニヒリスターの火竜」が現れる!

 

 

辺り一面を炎が包む、中央で「スノーホワイト」「紅蓮」「ラプンツェル」が倒れている。

 

「タロス」も操縦席以外は完全に機能停止。

 

絶望の中「キロ」は「タロス」のコアがニケと同企画であったことを思い出す。

 

「キロ」は操縦席下部から電源ケーブルを引っ張り出し自身のコアに接続した。

 

『ウェイクアップ!タロス!』

 

「タロス」は再帰動し「3分間」限定のオーバードライブモードへと覚醒する。

 

続く3回目の衝突は「トーカティブ(火竜装着ver)」vs「タロス(覚醒ver)」&「キロ」!

 

「トーカティブ」はゼロ距離から首に銃弾を受け、頭部を引き抜かれる。「トーカティブ」の「頭部」は「タロス」によって城外へ放り投げられた。

 

城内に残った「トーカティブ」の胴体はすぐに塵となり消滅した。

 

一方・・城外では「インディビリア」と「クラウン」が戦闘を始めており・・

 

勝利を確信した「インディビリア」が超高濃度のエブラ粒子を勢いよく散布していく。

 

「クラウン」は咳こもり、槍にしがみついてようやく立ってている状態だ。

 

「インディビリア」はゆっくりと歩を進め「クラウン」に近づいた。

 

城壁の上で2人の戦いを心配そうに見つめる「マリアン」その隣では「チャイム」が不敵に微笑んでいる。

 

 

「クラウン」は最終拡張武装「ネイキッドキング」を発動させた。

 

「クラウン」が手招きするように軽く手を動かしただけで「インディビリア」はおろか王城にいる全ての「ラプチャー」を融解・蒸発させる・・「ラプチャー軍団」は完全に壊滅した。

 

最後に説明すると拡張武装「ネイキッドキング」は発動させるのに大量のエブラ粒子を必要とするため「クラウン」は各地を回ってエブラ粒子を体内に集めていた。咳や痛みはその副作用である。

 

「1.5周年」のイベントストーリーはこれにて終了ですが、最後に都合よく強くなっちゃうと物語が台無しになる気がします。途中まで超面白かっただけに残念ですね。

 

ともあれ「2周年」に期待しましょう。次は「アナキオール」辺りがガチャに来るのかな?

 

「リリーバイス」が来たら最高なんだけど、期待しないで待ちたいと思いますw

 

【追記】ようやく「ミニゲーム」のユニオンランキングが「1位」になったど!「裸の王様」万歳!

 

【追記】むむむ、イベントストーリーの最後で「クラウン」が覚醒、敵を一掃する脚本をちょっと否定していましたが「HARD」クリア後に現れる「王と女王」を見終えてもう一度イベントストーリーの再評をしますと・・やっぱこの脚本家は凄かった。てっきり「リリーバイス」だと思っていたので正直ビックリです。

 

単に闇落ちして指揮官と一時対立、やっぱり戻って来るみたいな流れだと読んでいたんですが・・

 

新キャラも出てきました!名前からすると「リター」の友達なのかな?「2周年記念」が楽しみですw

2024年5月5日 | カテゴリー : NIKKE | 投稿者 : pasuta