SUWADA 爪切り クラシックL

今使っている【KE0105 ツメキリtype005】という爪切りも、ここ10年くらいの期間で見るとよく切れる方だったのですが、残念なことに最近切れ味が落ちてきました。

 

まぁ丁度良いタイミングかと思いwebで人気の【SUWADA ニッパー式爪切り】をお試し気分で購入する事に。

 

購入したのは2つ【クラシック足用】と【クラシックL】です。コホン!ぶっちゃけ見た目は「ニッパー」にしか見えません。そして特徴は2つあります。

 

1つは先が尖っている割に力が入るので爪の根元部分が巻き爪であっても容易に切断できる事。ただし、普通の爪切りのように指のつま先で持ってはいけません。ニッパーを使うように手のヒラで覆うように持つと切り易いです。

 

2つ目は切った後の爪が飛び散るので余計な片付けが発生する事です。この2点が普通の爪切りとは大きく異なります。

 

爪が飛び散るのは新聞紙か広告でも敷いておけばクリア出来そうですが、形状の違いから爪切りの持ち方を変えなければいけないので、こればかりは慣れが必要と感じました。

 

現状はまだまだ不慣れな状態ですが、それでも力が入る分サックリ切れているのは分ります。最初に書いていますが巻き爪や分厚い爪でも、この力が入る特性のおかげで割と簡単に切れるのでewbで評判が良いのも納得できます。

 

ただし、毎回強い力で握っていると速い段階で切れ味が落ちそうな気は少しします。もし切れ味が落ちでも保証書に書かれている連絡先に頼めばメンテナンスがてら磨いでくれるそうです。(もちろん有償)

 

言い忘れていましたがこの【SUWADA爪切り】今までの爪切りと比べると価格が1桁跳ね上がるので、興味を持った人は金額をよく見てから購入するようにしましょう。

2017年1月6日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta