Photoshop CS3

うちには「Photoshop CS3」と「Photoshop CS6」があります。絵を描く時に Photoshop を使用しますが、基本的に一部のツールしか使っていません。

 

どちらのPCもOSは「windows7/64bit」です。本当は「Photoshop CS3」で64bitのOSはサポート外(どちらにせよ今は全てのサポートが終了しています)なのですが大きな問題もなく普通に使えています。

 

うちの「CS3」はAdobeから直接購入したのですが、なぜか送られてきたのはアップグレード版・・サポートに電話して聞いても「それは通常版です」の一点張り、そりゃアップグレード版は通常版よりも安価なのだから認める訳にはいかないのは分かるけどなぜインストールするのに「Elements」のシリアルを聞いてくるのよ?おかしいでしょ?

 

それと登録していたAdobeのアカウントも1年間ログインしなかったら勝手に消されると言う・・これもありえない仕様かな・・

 

あと、これが肝心なんだけど「Photoshop CS3」の認証サーバーってもう今年もしくは去年の年末に停止してる可能性が高いです。【windows版 Photoshop アップデート】本当ならここから「Photoshop CS3 10.0.1」の ver に更新できるはずなんだけどリンクが消されているので現状では初期verをインストールするしか選択肢はありません。

 

おそらくHDDから「CS3」を消してしまうと、例えパッケージが手元にあっても2度とPCにインストール出来ないので現在「CS3」を使っている人は何があってもPCから削除しない事をお勧めします。

 

まぁ悲観的な話はこれくらいにして「Photoshop」をPCにインストールすれば誰もが使うであろう「ショートカット」ですが windows7 だと【Ctrl+Shift+0】みたいなコマンドが初期状態だと機能しない仕様になっています。

 

これは「コントロールパネル」「時計言語および地域」「キーボードまたは入力方法の変更」キーボードと言語「キーボードの変更」詳細なキー設定「キーシーケンスの変更」入力言語の切り替え「割り当てなし」キーボードレイアウトの切り替え「割り当てなし」この2つにチェックを入れて「OK」を押せば上記のショートカットが使えるようになります。

 

それから windows7 に「Photoshop CS3」を入れると回線が不通になる事があります。(一度なってしまうと永続的に不通のまま・・)具体的に言えば【認識されていないネットワーク】と表示されるので、すぐに分かるとおもいます。

 

これは「CS3」と一緒にインストールされる「Bonjour」が悪さをしているだけなのでアンインストールすると改善されます。ただし、普通には削除出来ないため下記手順でアンインストールして下さい。

 

いや・・まずは簡単に停止させる方法から説明します。「コントロールパネル」「セキリュティ」「管理ツール」「サービス」にある【##Id_String1.6844F930_1628_4223_B5CC_5BB94B879762##】これが「Bonjorl」なので スタートアップの種類 を「無効」にしてしまえばとりあえずは直ります。

 

が、やはり削除してしまった方が後々安心なのでまずは全てのプログラムを表示させてみましょう。「コントロールパネル」「デスクトップのカスタマイズ」「フォルダーオプション」「表示」「隠しファイル隠しフォルダーおよび隠しドライブを表示する(チェック)」「登録されている拡張子は表示しない(チェックを外す)」「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(チェックを外す)」これで全部見えるようになりました。

 

そして「Cドライブ」「ProgramFiles」「Bojour」そのなかの2つのファイルの名前を変更します。具体的には拡張子を「old」等に変更してしまうのです。

 

そしてPCを再起動すると無事に「Bonjor」フォルダを削除する事が出来ます。アンインストールした後は忘れずに隠しフォルダやファイルをもう一度見えないように設定し直して下さい。これで「Bonjour」の件は終了になります。

 

本当はアップデートまでしたいのですが出来ないものは仕方がありませんね。しかしこれで「wodows7/64bit」でも問題なく「Photoshop CS3」が使えるようになったはずです。

 

後は絵を描く人なら何があっても全ての使用方法を調べられる超解説本があれば良いでしょうか、お薦めは『Photoshop CS3 パーフェクトマスター』です。「CS3」なら「CS3用」のものを「CS6」なら「CS6用」のものを選べば良いと思います。この本は「windows」も「Macintosh」もどちらも対応なので気にせず購入しましょう。

 

ここまで書いたけど、たぶんこの記事をこれから見る人は居ないんでしょうねw

 

一応、売ってはいますが購入される方は自己責任でよろです。

2017年3月12日 | カテゴリー : PC関連 | 投稿者 : pasuta