松屋 牛めしの具

今まで牛丼と言えば『吉野家』で、当たり前のようにそこの牛丼ばかりを食べていました。まぁ日頃の行動範囲にある牛丼屋さんは「吉野家」しかなかったので、ある意味自然とそうなったのかも知れません。

 

webでも「吉野家」の「牛丼の具」を何度も購入しましたが、残念な事に美味しい時とそうでない時があり、美味しい時はその箱の中身全部が美味しいです。そうでない時も同じで箱の中全部があまり美味しくありません。結果、安くて美味しいと言う「吉野家」のイメージが高くてぼちぼちに変わってしまったのです。

 

これまでweb購入した『牛丼』の経緯を踏まえた上で、今回は『松屋』の牛丼をチョイスする事になりました。吉野家だと1食400円くらいなのに対し、松屋だと200円に落ち着きます。しかも皆さんのレビューも上々です。

 

実際に食べてみたら、あっさりしていてそこそこ美味しいです。量がもう少し欲しいところですが、がっつり食べたい時は2袋入れれば良いだけなので特に大きな問題ではありません。

 

何と言うか・・あっさりと言うのが私個人のポイントで『この味ならアタリハズレが無さそう!』こんな感じに脳内変換されました。

 

とりあえず気に入ったので今後は『松屋』の牛丼を攻めたいと思います。安いと言うのもポイントなので節約したい牛丼派にもお薦めです。日記ではありませんが、この辺で簡潔に〆ます。

2017年6月10日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta