Club3D 1.4対応 DPケーブル CAC-2068

最近「FF14」をやっているとマウスカーソルが消えたり画面が一瞬暗転したりするので「DPケーブル」を信頼出来そうなver1.4対応のモノに新調する事にしました。

 

今回用意したのはClub3Dさんの1.4対応「DPケーブル」で価格はかなりリーズナブルです。ただ、そうなると本当に高密度フレームの情報が安定して送れるのかという不安があったのですが、どうやら杞憂だったようです。

 

普通に「1600×900」「240フレーム」でも安定していました。もちろん元々使っていたLindyさんの1.2対応「DPケーブル」でも大丈夫だったのですが価格が違うので正直驚いています。

 

価格を抑えるためか端子部分に金メッキが施されていない等、耐久性に若干の不安が残る使用となっており、端子もあまりしっかりと刺さらず多少グラついている感じがします。

 

そしてケーブル部分が太くて固いのでモニタに接続する際に結構無理に曲げる必要があったのも個人的なマイナスポイントです。(線が太いのはノイズを拾わないためのシールド処理の結果なので基本的には悪い話ではありません)

 

ともあれ、この価格で「240フレーム」を安定動作させるとなると相当なコストパフォーマンスとみて良いでしょう。耐久性に不安は残るものの実際には長期間使ってみないと分からない事ですしね♪

 

ver1.4対応のDisplayPortケーブルは4Kモニタや4Kモニタで「120フレーム」を実現しようとしている人達には必須のケーブルになってきます。しかも安定動作してくれるケーブルがなかなか見つからなくて困っている人も少なくないはずです。

 

「4k」の「120フレーム」は試していないので何とも言えませんが「FHD」の「240フレーム」までなら十分に安定動作するケーブルなのでお探しの人には超お薦めの一品となります。

 

ただし「240フレーム」で長時間PCを稼動させるとなるとPCにとんでもない負荷が掛かるので、そこは自覚した上でお願いします。

 

【追記】1年ほどこのDPケーブルを「1600×900」「240Hz」「G-SYNC」で使ってみた感想を言いますと、まだこのケーブルでも完全に安定している訳ではありません。2週間に1回くらいの頻度で情報量が一時的に多くなった瞬間、画面が暗転します。

 

ただ、それでも他ケーブルと比較すると全然安定している方なので、おそらく「G-SYNC」にしなければ問題なく使えるケーブルかと思います。

2018年10月29日 | カテゴリー : PC関連 | 投稿者 : pasuta