ツインバード ACハンディクリーナー HC-EB41W

えっと、ツインバードさんのACハンディクリーナー「HC-EB41W」の紹介となります。

 

これまで部屋の掃除はダイソンに任せきりでしたが(通常サイズのヤツね♪)机上のちょっとした埃取りには大袈裟かなと思うようになり、小さめのハンディクリーナーを買う事にしました。

 

元々ダイソンのサンワサプライのバキュームアタッチメントを取り付けて使っていたのですが、これがそのまま「HC-EB41W」に流用出来るのとコンセントから使えるのとで(充電が面倒と思っていた)ツインバードのACハンディクリーナーに目が止まりました。

 

大きさや重さは写真を見て想定していた通りで、運転音の65dcが少し大きい位です。

 

でもまぁダイソンの方が運転音は大きいので、そう考えると何ともないですねw

 

しばらく使ってみて(2-3ヶ月間)の感想は、こまめにフィルターを掃除出来る人でないとすぐ壊れてしまうんじゃないかと、それと想定していたよりも吸引力が強いため片手間のちょっとした掃除ではなくメインの掃除機として部屋に据え置き出来る能力が十分にあったという事です。

 

片手で楽に持てるので思った通り机上の埃除去に活躍しているのと、絨毯の掃除にも適しているのが良かったです。(絨毯の掃除に使っているのは「布団ノズル」!)

 

机の上や本棚にはサンワサプライさんのアタッチメントを取り付ければ綺麗に掃除できます。

 

2ヶ月に1回くらいの感覚でフィルターを別の掃除機で掃除してあげれば問題ないかと。他の掃除機を用意出来ない方は窓から手を出してフィルターを叩くと綺麗になります。

 

ともあれ、本当によくゴミが取れるので価格から考えればコストパフォーマンスはかなり高いです。

 

一人暮らしの方や新しい掃除機が欲しい方でまめにハンディクリーナー自体の掃除が出来る方には、太鼓判を押してお薦めします。(そこそこ運転音が大きいのでそこを気にする人は買わない方が良いでしょう。)

 

購入を検討している人にはサンワサプライさんのアタッチメントキットも合わせてお薦めです!

2018年10月30日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta