「オーバーロード9巻 破軍の魔法詠唱者」

いよいよ「TV版」「オーバーロードIII」の最後に該当する「書籍版9巻」の紹介になります。

 

「アウラ」と「マーレ」が帝国へ乗り込み広間の人間を皆殺しにするところから「TV版」「9話」は始まります。

 

そして「ナザリック地下大墳墓」へ兵を送った「帝国」の「王」に対し “謝罪に来なければこの国を亡ぼす” と脅しをかける。「竜」の背に乗った子供2人が一瞬で数百人の帝国兵を地に沈めたことから下手に敵対すれば国が亡ぶと考えた「ジルクニフ」は「ナザリック地下大墳墓」へ出発するのだった。

 

「ナザリック地下大墳墓」で「ジルクニフ」が見たものは・・ケタ違いの魔力を持つ「アインズ」とその配下達・・「ジルクニフ」は「アインズ」と同盟を結び「ナザリック」建国の手伝いを約束する。

 

「ジルクニフ」は帰路で「フールーダ」の裏切りに気付くがそのまま放置・・「帝国」は「ナザリック」に協力する振りをしつつ「対ナザリック連合」の設立を企てるのだった・・

 

「10話」では「王国」に対し「帝国」は「エ・ランテル近郊」を本来の所有者である「ナザリック」に変換しろ!という書面を送り付けるが「王国」ではそれを却下!「王国」vs「ナザリック」「帝国」の戦争へと発展する。

 

「ヤルダバオト」の一件で「王国」の士気は上がっているものの「王」は万が一を考え第一王子の「バルブロ」を主戦場から外し「アインズ」と関係があった「村」の調査に向かわせた。

 

残念な事に「バルブロ王子」は「カルネ村」を包囲し火矢を放つなど野党紛いの行動にでたため、危機を感じた「アンリ」は再度「角笛」を使う・・

 

結果5000という規模の「ゴブリン」の精鋭部隊が召喚され「バルブロ」率いる「王国軍」は壊滅、更に「ルプスレギナ」の追い打ちにより「バルブロ」は死亡、良いとこなしのボンクラ王子という扱いでした。

 

ここまでが11話の内容となります。

 

12話では「ジルクニフ」たっての願いとして「アインズ」の攻撃魔法を開幕の1撃にするはずが・・それだけで「王国軍」か壊滅!この辺りでは最強と名高い「王国戦士長」も「アインズ」との一騎打ちであえなく死亡。

 

文字通り「アインズ」1人による完全勝利で終わり「エ・ランテル近郊」は「ナザリック」の領地となった。「アインズ」は新しい国家として「魔導国」を立ち上げる。

 

「TV版」「オーバーロードIII」はここまでの内容となりますが「3期」の率直な感想を言うと・・CGの質があまりに酷い。元々アニメにCGを使いだしたのは「ディズニー」で個々にリアルな動きを伴った群雄を圧倒的なスケールで再現させていました。

 

それと同じような効果を狙っていたと思いますが「オバロ3期」に使われたCGは見る者を奈落の底に落とすような・・質の低い稚拙なCGだったと言わざるを得ません。

 

人気タイトルなのにもったいないと多くの人が感じたでしょう。

 

書籍版の9巻以降も非常に面白い話が続いていますが、これ「4期」作る気あるの?それとも「4期」確定だからここまで手抜いた?

 

どちらにせよ「TV版」「オバロ3期」は「ゴブリン」や「村娘」の日常に始まり見る者の意欲を根こそぎ叩き落とす稚拙なCGの「ラスト」で終わる、見所の無いアニメでしたね・・

 

さて・・「書籍」の紹介なのに「TV版」の話を主に進めていましたが「9巻」に関していうと「TV版」も「書籍版」とほぼ同じ内容なのでどちらを見ても概ね違いはないでしょう。(話の流れという意味では・・ね)

 

もし制作を「ufotable」が行っていたら・・いややめておきますかw

 

書籍版の「10巻」からは「TV版」として映像化されていないお話になるので、その辺りも多少考慮した解説になると思います。

 

最後に「書籍版9巻」は「TV版」だと「オーバーロードIII」9話から13話に該当します。では!

2020年4月12日 | カテゴリー : | 投稿者 : pasuta