mg21s モコ スズキ軽用アルミホイールナット

今回も最初の写真はさっぱり意味が分かりませんw

 

この中にスズキ系自動車用ホイールナット「クロームメッキ仕様」1台分が入っているのです。

 

レビューを見ていると大層な高評価になっていますが、端的に言うと可もなく不可もない純正形状のホイールナットで、純正のものは割と早期に黒ずみが目立ってきてお世辞にも美しくはありません。

 

そこへくると、この「クロームメッキ仕様のホイールナット」はあまり汚れることなくいつまでもピカピカの状態を維持してくれるので、妙に人気があるのだと思います。

 

それに純正と同じ形状でなければ、いざ装着した時にホイールの表面よりもナットが大きくはみ出して簡単に傷が付いたりという話もよくあります。

 

なので大事なのはこの2点ですね。

 

この「ホイールナット」はここをクリアしているので皆さん安心して買って行かれるのでしょう。もし購入を検討している方はレビュー覧に結構な数の写真が載っているので、まずは車に装着した「ホイールナット」の写真を見てから決めるのがよろしいかと。

 

そしてこの「ホイールナット」はカービンスチール(炭素鋼)で出来ています。年配の型であればカーボンとかチタンに弱いですよね?そうです。そのうちの1つです。

 

ただ持った感じは軽いとは思いませんでした。(勝手に軽いと思い込んでいたけどそうではないみたいw)

 

おそらく一般的な「ホイールナット」は2層コートなのに対してこの「ホイールナット」は4層コートのメッキを施しています。思たよりも重量を感じたのはそのせいだと思います。

 

ただm21sモコのホイールに装着してみると純正の時よりもナットが出ているので、まったく同じと言う訳ではなさそうです。(ちなみにこの「ナット」の装着時突起高は19㍉)

 

(体感的には純正の時よりも5㍉程度出ている気がします・・)

 

まぁレビューを見る限り購入した人はほぼ全員満足している様子、とくにスズキ車の純正ホイールに装着した時の評判がすごいですね。

 

取り付けは「ナット」を交換するだけなので非常に簡単ですがm21sモコの場合は締め付けトルクが「85Nm」締め付け過ぎないよう注意しないと次回タイヤローテーション時になかなか外れなくて苦労しますよ。

 

「タイヤホイール」の最終的な締め付けはトルクレンチを使って既定のトルクで締め付けましょう。

 

私は一度既定のトルクで装着後100㌔ほど走ってからもう一度既定トルクで締め直しています。(これくらいなら問題なく次回も外れてくれるのでw)

 

それと走行後の(2回目)締め直しで分かるのですが数本締め付けの緩いナットが存在します。なのでこちらの作業も確実に行った方が良いでしょう。

 

ちなみに車屋さんにやってもらうとどんだけ力入れてるのか170Nmのインパクトドライバー(先だけ変えている)でも外れないのが2本あった!(他人はあまり信用してないので私は出来る限り自分で行うようにしています・・)(もちろん出来ない事はやってもらいますが・・)

 

今回はこんなところでしょうか・・純正の「ホイールナット」が本当に黒ずんで美しくないので(他の車も見ていると最初からのホイールナットはどの車も汚い・・)みんな気にしているのでしょう。

 

だからこういった品質の高い社外製品が飛ぶように売れているのかと・・今回の「ホイールナット」は半年後1年後もどんな感じになっているか追記する予定なので良かったらまたチャックして下さい。

 

最後になりましたがAutoAceさんの「スズキ軽用ホイールナット(クロームメッキ仕様)」は超お薦めできる一品だと思います。気になる方は迷わずポチっちゃいましょう!

 

【追記】書き忘れていましたが梱包がものすごくしっかりして綺麗です。間違っても運送中に傷が付く事はないはず。(あるとしたら1個少ないとかそんな感じでしょうか・・)ともあれ運送による事故は発生しないので安心して注文できるんじゃないでしょうか。以上!

2021年2月1日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta