アシックス GEL-KAYANO 24 NYC

見ての通りアシックスのランニングシューズ「GEL-KAYANO 24」を普段履き用途として購入しました。

 

少し前に「GEL-KAYANO 25」が発売されたため「24」は型遅れ扱いとなり「お求めやすい価格」で購入する事が出来ます。デザイン的には「25」よりも「24」を好む人が多く「GEL-KAYANO 25」が出た今でも「24」の人気は衰えていません。

 

確かに「25」よりも「24」のデザインの方が完成されてる感はありますね。私もそう思いますw

 

実際に購入して履いてみた感想を言いますと・・一般の靴よりも横幅がユッタリしているので窮屈に感じる人は少ないでしょう。個人的には更に横幅の「SW」は選択する必要がないのでは?と思った程です。

 

インナーソールは硬めで土踏まずがあまり強調していません。何と言うか・・偏平足の人には大変履き心地の良いデザインとなっています。

 

ソールが硬いのはプロのアスリート向けに設計されたカタチで、ここが必要以上に柔らかいと地面にしっかり力が伝わらないため速度が出にくいのです。

 

感心したのは着地した瞬間のカカトヘの負担が驚くほど少ない事で、ゲルの効果により負荷が分散された結果でしょう。

 

その後も同じように足裏の負荷が吸収されているのが分かります。ゲルの効果は予想していた以上に良いものだと言うのが実感出来ました。カカト回りもメタクラッチでガッチリと固定されているため足をひねってしまう心配は皆無です。

 

シューズ裏にはガイダンスラインが入っていて歪みによる危険性を下げてくれます。

 

最後になりましたが「FlyteFoam」というミッドソール素材がちょっとありえないくらい軽量で、なんだか今までの靴とは履き心地が全然違うのです。

 

学校への通学に距離があったり、通勤で履くのにもお勧め出来そうです。

 

軽くて衝撃を大きく緩和、それでいて足首等バランスを崩してもひねったりしないような安定性は高く評価できるものと思います。(とくに幅がゆったりしていて土踏まずが少ないので偏平足の人にお薦め!)

 

好き嫌いがあるとすればインナーソールが若干硬い事くらいでしょうか。

 

プロ向けにそういう仕様になっていますが、気になる方は他のインナーソールに変えてしまえば良いと私は思っています。(つまり替えがききます)

 

今回私が購入したのは「GEL-KAYANO 24 NYC」というモデルですが一般には流通していないのか生産終了になってプレミアでも付いたのか高額で売られている事が多いようです。

 

ちなみに下の広告は同じモデルの一番売れてた色の靴です。(購入される際はサイズをよく確認してポチりましょう)

2019年4月14日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta