Anker PowerSolar 3-port 100W

先日のセールでいつもお世話になっているAnkerさんの商品を2つ購入しました。

 

その1つが「PowerSolar 3-port 100W」という100出力のソーラーパネルです。

 

対応機種となるポータブル電源は「PowerHouseII400」それに「PowerHouseII800」となります。残念ながらどうやっても初期型の「PowerHouse」を充電する事は出来ませんでした。

 

逆に旧型の「PowerPort Solar 60」であれば「PowerHouse」「PowerHouseII400」「PowerHouseII800」の全てが充電可能であり、軽量コンパクトな形状から利便性はこちらの方が圧倒的に高いでしょう。

 

ただ旧型「PowerPort Solar 60」は今からだとなかなか手に入らないのと「PowerSolar 3-port 100W」が100wの発電能力があるのに対して旧型は60Wまでしかないので能力的に見劣りします。

 

私は天気の良い日に室内で時間を気にせずまったり充電しているので60Wあれば基本問題ありません。

 

そうそうどうやって旧型のソーラパネルで「II400」と「II800」を充電するかというと・・「60」にはUSBでの充電も可能なため「typeC」で給電できる「IIシリーズ」はそこから普通に充電出来るんです。

 

旧型「60」の電源ケーブルは「IIシリーズ」に挿せますが「100W」の方は初期型の「PowerHouse」には挿せません。よく観察すると若干大きさが違うようです。

 

まぁ挿せるといっても「IIシリーズ」の方に「PowerHouse」用の「60」のケーブルはあまり挿さない方が良いでしょう。(壊れちゃったら損ですからw)

 

まだ天気の良い日に「PowerSolar 3-port 100W」を試していませんが、もし100Wの充電が可能であれば(まぁ屋外じゃないと無理だと思うけどw)キャンプしているような状況なら非常に便利だと思います。

 

100Wだとほぼ家のコンセントから充電しているのと同じですからね!

 

屋外の場合だと時間に限りがあるのでどうしても給電能力の優れたソーラパネルが必要になります。

 

なのでアウトドア派には新型の「PowerSolar 3-port 100W」と「IIシリーズ」のポータブル電源がお薦め!

 

といっても車中泊で有効に使えそうなAnkerのポータブル電源は「II800」だけですけどね・・

 

500Wないと調理するには基本厳しいですから・・まぁ無い訳ではありませんが一応120Wの「PowerHouse」でもご飯を炊いたり蒸したり、お湯を沸かせたりは出来ます。が、色々と限定される上に時間も掛かるので本格的な車中泊には使えないかな・・

 

このソーラーパネル「PowerSolar 3-port 100W」の購入を検討されている方に覚えておいてほしいのが、上の写真を見れば分かる通り折りたたんでも結構な大きさなのと、思いの外重量があるので手軽に持ち運べるとは言えません。

 

(一応普通に持ち運べますが重いので手軽ではない)

 

これを覚えておいて欲しいと思います。

 

それから「USB-C」や「USB」の差込口があるので直接「スマホ」や「ノートPC」への充電も可能です。

 

長期間の災害を想定した場合、天気さえ良ければ電気の確保が十分に行える環境にはしたいですからね!私は新旧2つのソーラーパネルが手元にある事が大きな安心に繋がっているので購入して本当に良かったと思っています。

 

何年か前に山火事で電線が焼き切れて、しかも火が収まるまで復旧も行えないという事がありました。

 

うちは「PowerHouse」に電気を蓄えていたし水道さえ来ていれば減った電力はソーラーパネルで補充できるので、しばらくしたら復旧するような災害であれば特に困るような事態にはなりません。

 

個人的にはノートPCが普通に使えると言うのが大きかったですね。(なぜこんなことになっているのか?情報収集が行えることによってどれくらいで復旧するかの目途も立ちます)

 

しかし、真冬の寒い時期だったら簡単な暖房で布団に入っているくらいしかできなさそうなので、やはりまだ完全ではないですかね・・

 

とは言えポータブル電源やソーラーパネルはいざと言う時の非常事態に備えるためには欠かせない必須装備なので、手持ちが全くないという人はぜひ1つは購入して手元に置いておくことをお薦めします。

 

ソーラーパネルは追加電力の確保という意味で重要度が高いです。家庭に1つ欲しいと思うくらいです。

 

でもまぁ「ポータブル電源」の方が重要度は上なのでまずはこちらから!そして広告の下の方にこういうのもあったら便利ですよ的おまけアイテムをいくつか載せてるのでよければ一緒に検討して下さい。

 

 

 

 

 

冬支度・・その②

今年も元気に冬支度ですw例年だと買い物の中に詰まっていた緩衝材をグルグル巻きにしてボイラーの配管を凍結から守っていたのですが、最近はこの緩衝材があまり入っていないため仕方なくもうちょっとまともな断熱材を購入して仕上げました。

 

上の写真だと分り難いと思いますが表面のアルミテープの下に厚み5㍉のスポンジ状の断熱材が(本当は天然ゴムなんだけどねw)入っています。

 

この断熱材の使用温度は-20度から60度までになるので丁度屋外の配管を巻くには良い感じになります。

 

表面のアルミテープの正体は屋外で使用するための防水用シーラントテープでこちらも-21度から93度と使用温度はバッチリ!私が生息している地域では-20になる事はまずないのでこれくらいで十分ですね。

 

なに配管が凍結して破裂しちゃうと安くても数万円飛ぶわけで、何もしなかったら1年で4回ほど配管が破裂します。(どれだけ深刻な問題かお解かりいただけすか?)

 

この施工で何年か持ってくれれば言う事なしなんですが例年の緩衝材と同等の効果があれば耐久性の面でこちらが有利なので文句はありません。

 

ただ材料費が無料の緩衝材と違って、今回は適正材料をチョイスして購入しているので本音を言えば効果も緩衝材以上であって欲しいところでしょうかw

 

高い買い物でもありませんし、今年もやりましたよ!と言う季節的な挨拶と捉えてもらえれば幸いです♪

2021年12月2日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

mg21s モコ ガタツキ 異音 まとめ

えっと、うちのモコ(mg21s)は2WDで2006年1月に登録された車なので、初期型の本当に最後の方に作られた車ですね。今が2021年なので15年前の車という事になります。

 

そりゃ直していかないとあちこち痛んできて乗れたもんじゃありませんw

 

今回はタイトルの通り「ガタ」と呼ばれる異音についてお話します。

 

異音は大きく分類すると「内装」「外装」「エンジンルーム」「下回り」の4ヶ所から発生するので、まずはどこから音が出ているのかを見極める必要があります。

 

「内装」は色んな場所から異音が発生しますが、原因の特定は一番分かり難いです。

 

うちのモコに関しては「グローブBOX」「灰皿」「ドリンクホルダー」それに各種配線が樹脂や鉄板に当たって音が発生している場所もありました。

 

うちはしっかり対処していますがオーディオ関係の配線から異音がしているケースも多いと思います。

 

「配線」が原因であれば結線したりクッションテープで音が鳴らないよう保護するのが効果的です。

 

「ドリンクホルダー」なんかは中にスポンジを詰めて一切ガタが出ないように加工してしまいましたw

 

(スポンジを取らない限り二度と使えない仕様ですw)

 

なにせ内装パネルを剥がさないと原因となる場所が特定できないケースが多いので探すのが本当に面倒なんですよね。

 

「グローブBOX」は運転中に段差で「カタカタ」と音がしていたのでクッションテープでクリアしました。

 

「外装」は殆どがクリップが外れてるとか壊れてるとかですね。

 

車屋さんから帰ってきたらグリルが変な形で無理矢理押し込まれていたとうケースもありますし、あれ?ここのクリップ無くなってる!ってケースもあります。

 

まぁ自分以外あまり信用してはダメです!(世の中それくらいの気持ちで丁度良いんです!)

 

クリップが奥まで押し込まれていないとか、なぜか押し込めないとかでガタってるのもありましたね。

 

奥まで入っているのに隙間がある時はゴムのスペーサーを間に挟むと簡単にガタは直ります。クリップ関係のものは新しく買ってきて挿せば直るので修理は簡単です。

 

「エンジンルーム」はエンジンマウントをガタと呼ぶには厳しい気がするのでこれは除外として・・エアクリBOXを止めているブッシュがダメになって音がしていたのがありました。これはブッシュを新品に交換でクリア!

 

もう一つはエアクリBOXを止めているボルトがダメになっているケースもありますが、こちらも先ほど同様ボルトを新品に交換して直しました。

 

DIYで直せる「エンジンルーム」のガタはこれくらいでしょうか。

 

アッパーマウントもガタになりそうな感じですが、これは車屋さんに持っていくのがいいかな。専用工具が必要ですので。

 

そして最後に「下回り」のガタですが、ガタと呼ばれる殆どがここから発生しているため注意深く観察して原因を特定しましょう。

 

見つけても車屋さんに持って行った方が良い「ガタ」をまとめて説明すると・・さっき出てきた「アッパーマウント」それに「各種ボールジョイント」「ロアアーム」とかかな。

 

DIYで直せそうなのが「スタビブッシュ」「マフラーリング」「リア側のショック」とかですかね。

 

今回私は車検後しばらくして「下回り」の後方から走行中段差で「コトコト」という異音が発生しだしたので休みの日にジャッキアップして調べてみると・・「リア側のショック」がガタガタになっていてあっさり特定できました。

 

「リア側のショック」は特に問題が無ければ簡単に交換できるので自分で修理しますが新品のボルトとナットがなかなか発送されないので、現在これまちで修理できませんw

 

後はついでになりますがリア側のホーイールナットを締めるとギィギィ音がしてボルトが回っている感じなのでドラムアクスルを全部新品部品に取り変えようと思っています。(部品は全て揃っています)(ハブベアリングは冷凍庫で冬眠中)(ハブキャップにはうっすらシーリングも塗布済み)

 

この辺りは別記事で詳しく説明するので次にいきましょう。

 

さっき「リア側のショック」にガタが出ると書きましたが、具体的に言うとショックアブソーバーの先端となる上下にはブッシュがあり、そのブッシュが経年劣化で硬化すると隙間が出来てしまうんですね。

 

シビアコンディションで15年も乗っていれば軽自動車でも「リア側のショック」はヘタります。うちのモコは15年13万㌔の走行距離でガタが出始めたのでひとつの目安にはなるかもです。

 

最後に一番上にある写真がDIYで使えそうなテープ類になります。

 

あ、結束バンドもありますねw

 

興味ある人もいると思うので広告だけ載せておきます。

 

大雑把にうちのモコ(mg21s後期型)で発生したガタを説明しましたが、行き付けの車屋さんがあるのであれば、まずはそこへ持って行っていくのがベストな選択になるでしょう。

 

自分で直せそうな人は楽しいのでDIYでチャレンジするのもありです。自分の所有する車なら法律的には問題ないですからね。

 

DIYする場合は自己責任になるので細心の注意を払って行って下さい。ではでは!

2021年11月30日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta

LVYE ポータブル ミニ ヒーター

そろそろ、っていうか最近一気に寒くなってきた今日この頃ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか。

 

私は熱いのは全然平気なのですが、寒いのは本当にダメで生きるのが辛くなってしまいます。

 

特に寒さを感じるのは仕事場でのお昼時間です。

 

工場前にある駐車場まで移動して自分の車の中でお昼時間を過ごしているのですが、私はエンジンを掛けない派なのでとっても寒いんですよ。

 

いつもは「PowerHouse」と「パネルヒーター」を持参して暖を取ってますが、11月くらいだとそこまでは必要ないのでもう少しお手軽な暖房器具を狙い撃ちして探していたら良いものが見つかりましたw

 

価格も2000円ですし「PowerHouse」を車に積んでおけばすぐに使える優れものです。

 

スイッチを入れれば即、温風がでてくるので待ち時間はありません。

 

ただし、車内全域を温めるような火力はないのでご注意下さい。(2000円ですし大きな期待は禁物!)

 

色が飛んじゃって分り難いですが、色はピンクです。

 

白いボタンは電源のスイッチですね。それだけ!非常に分かり易い!

 

コンセントを繋いで電源ボタンを押すと約5秒で温風になります。

 

イメージするなら車のエアコンありますよね?その送風口が1つ目の前にあると思って下さい。

 

熱量もそれと同じくらいです。

 

まぁ注意点が無いわけでもなく、付属のコンセントが片方大きくなっているので家庭では使えないケースもありそう。(もちろん「PowerHouse」は問題なく使えます)

 

コンセントの差込口がどちらも同じ大きさの場合は刺さらないので無理です。(片方が大きい場合はおk)

 

証拠写真という訳ではありませんが、こんな感じです。(「PowerHouse」に繋いだ図)

 

最初購入した時は随分と思い切ってポチった記憶がありますが、このポータブル電源がここまで壊れずに役に立ってくれるとは思いませんでした。(ankerさんありがとう)

 

壊れるまで使うのでもうちょっとがんばって下さいね!(壊れても「PowerHouseII」に交換するだけ・・)

 

まぁ今回のミニヒーターは「PowerHouse」やそれくらいの出力がだせる古いポータブル電源を持っている人向きのお薦め商品になります。

 

私が購入したピンク色だけじゃなく落ち着いた白黒カラーもあるので安心して下さい。

 

(私が注文した時は白黒カラーの在庫がなかった・・・)

 

最後にもう少し詳細に説明するともっと寒くなってきたら例年通り「パネルヒーター」を使う予定なので車内での活躍は本格的な冬が来たら厳しいかも知れません。

 

しかーし!デスクの上で手元を温めたり(仕事から帰ってすぐでもゲームが普通に楽しめる!)足元を温めたり(足元が冷たいと感じた時には部屋が温まるまで十分な暖が取れます!)と使い道は色々あります。

 

なんたって2000円ですよ奥さん!自部屋で使うならポータブル電源なんか必要ないですし、セラミックファンヒーターのような電気代はかかりません。

 

そう考えれば結構な需要がありそうですね・・まぁ売り切れてしまう前に買っておくのが賢明な判断でしょうか。じゃないと私のようにピンク色を買う羽目になりますよ!そうなる前にポチっとな。

▲たぶんじきに販売終了するんだろうな・・

▲古い機種ですがこれでも使えます。この電源は静かですしコンパクトなので私は気に入ってますw

▲サイズもさほど大きくなっていないですし価格も安いので今から購入される方はこちらがお薦めです。

mg21s モコ タッチアップペン 補修

今回は「タッチアップペン」を使った小傷の補修を行っていきます。(上の写真は随分前に撮ったもので、今現在だと「黒色の付属スポンジ」や「マスキングテープ」は作業に使ってないのでご了承下さい)

 

では早速説明に移りましょう。

 

普通に「タッチアップペイント」を塗っただけであれば、これくらいの仕上がりになりますよね?

 

ここからもうひと手間加えて下の写真くらいの仕上げに持って行きます。

 

ぶっちゃけ大した差は無いように見えるかも知れませんが、もうひと手間程度のプラスアルファで収まる作業内容の割には綺麗に仕上がっていると思います。

 

(誰が作業してもこれくらいには出来るのでレッツトライです!)

 

大まかに作業工程を説明すると、まずは傷のある個所を水とウェスで綺麗に拭きます。(シリコンオフを使えば尚よろしいですが、私は使っていません)

 

次に「タッチアップペイント」を傷の上に塗布してその日の作業を終えます。以降は塗料が乾いてからやるので翌日からの再開になります。

 

塗料が完全に乾燥したのを確認して、それから綺麗なウェスでさっと拭きます。

 

次に少量の「コンパウンド」を「3㌢」位の幅にカットした「紙やすり」に塗布し、指の腹で撫でるように優しく押し磨いていきます。

 

使用する「コンパウンド」は「細目」と「極細」です。「粗目」は「タッチアップペン」を使う必要もない程度の小傷に使うのが有効なので、そういう傷があればそちらで使用して下さい。よって今回は使いません。

 

「紙やすり」は「2500番」を使います。ある程度目立たなくなったら表面をフラットにするのに「5000番」に「極細」を少量塗布して磨けば綺麗になります。(「5000番」の仕上げ工程はぶっちゃけ省いても問題ありません)(個人的には「2500番」だけで十分だと思います)

 

注意するのは力を入れる必要は全くなく、本当に撫でるように磨いて下さい。「2500番」だとすぐに表面がフラット近くまで削れるため、磨き過ぎには十分注意しましょう。

 

仕上げとして「メラニンスポンジ」に「極細」の「コンパウンド」を少量塗布して多少広範囲に磨いて傷のある場所とその付近を馴染ませるように磨けば終了です。

 

これ以降は新しい「メラニンスポンジ」に水だけを使って擦れば綺麗になると思います。

 

これは一度補修してから翌週の休みにもう一度、中心位置に「タッチアップペイント」で同じ作業を繰り返しています。(もしかしたらもう1回繰り返すかも知れませんw)

 

何か所か補修してるんだけど真ん中から少し右の位置にある箇所以外は分からないんじゃないかな。

 

これも中心から少し左の位置にある補修箇所以外はたぶん分からないと思う。

 

大きく凹んでる箇所はもう何回か繰り返すかもだけど、一応これくらいのクオリティであれば、このやり方なら誰でも出来るんじゃないでしょうか。

 

最後に一言・・やり過ぎると逆に下地が見えてしまうので適度なところで切り上げるのが精神的にも肉体的にも楽なのだと思います。

 

普通に仕上げるのなら2-3週間、割と神経質な方でも4-5週間も見て置けば大丈夫でしょう。

 

もうひと手間!「コンパウンド」と「紙やすり」を使うだけでここまで綺麗に仕上がるんだからやらない手はないと思いませんか?今回は私のお薦め作業内容でした!ぜひ皆さんもトライしてみて下さい。

▲「タッチアップペイント」はご自身の車の色をよく調べてから購入しましょう。

2021年11月22日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta

mg21s モコ 時計を付けてみました

タイトルの通りモコに時計を取り付けてみました。

 

時計を付けてみた理由はエンジンを切っている時でも時間が分かるようにです。

 

仕事場でのお昼休みに駐車場へ移動して自分の車の中で「ぼっちめし」をしています。エンジンを切った状態でも時間が分かるようにしたかったんです。

 

私は夏の間もエンジンを動かして冷房を入れたのは2-3回しかありません。休憩時間に(20分ほど)エンジンを動かすのは車のエンジンにとっても経済的な面からみても非効率であるため夏場は「充電式冷風機」や「ネッククーラー」を使って過ごしていました。

 

冬場は「ポータブル電源」に「パネルヒーター」という組み合わせに切り替えて凌いでいます。

 

実は休憩時間の内15分は軽く寝ているため、一々顔や腕を動かしてスマホや腕時計を見るのが面倒なので後部座席から薄っすら目を開けたら視界に入る位置に時計を設置しています。

 

このサイズの時計でも普通に時間が確認できるため、なかなか重宝してるのですよw

 

この場所に時計を付ける際、注意して欲しいポイントがあるので説明します。

 

この場所はフラットな平面ではなく緩やかに湾曲しているので、付属の薄っぺらい両面テープではしっかり貼り付きません。しかも多少ザラついているので余計に剝がれやすいです。

 

写真の位置であればアルミ箔テープが強力に付くので、これを両面テープの形にカットして貼ります。

 

その上に厚みのあるクッション性の高い両面テープを使えば問題なく貼り付けられるでしょう。

 

(時計が落ちる心配も皆無!)

 

私は下の広告にある丸形の両面テープで(四角の方は今回使っていません)時計を貼り付けました。

 

下地となるアルミ箔テープは表面がツルっとしているめ粘着テープとの相性が良好です。

 

時間がズレてきたら時計を剥がしてネジを巻いてやる必要があると思います。(たぶんそのままじゃネジを巻けないかな・・)

 

まぁ車内に時計を置きたいというニーズがあるとはあまり思いませんが、もし設置したいなら一つの例としてこのブログの記事を参考にして頂けたら幸いです。

2021年11月14日 | カテゴリー : 日常 | 投稿者 : pasuta

2021年11月 今期視聴中のアニメ

タイトルの通り2021年11月現在に私が見ているアニメの話をしたいと思います。

 

私が今回視聴しているTVアニメは3つ・・

 

無職転生 異世界行ったら本気だす』これは海外でも人気の高かった1期の続編に当たる2期作品です。

 

1期と比べると2期はやや作画に力が抜けている感がありますが、それでも動きに見応えがあり、緻密に設定された個性派キャラクターが壮大とも言える無職転生ワールドでテンポよく成長していく姿は圧巻!

 

原作の方もwebで少し調べました。主人公が死ぬまで物語が続くんですね。いや、この話も本当の物語の前座のようなものだったと記憶しています。

 

アニメでどこまでやるか気になるところですが、序盤に該当する部分は割と気楽に見れるため、今は深く考えずに『無職転生』を楽しみたいと思います。

 

次は『タクトオーパス』です。

 

作画がアニプレックス版『Fate』に似ているかな・・と思ってとりあえず見ているところ・・

 

6話まで見ましたが十分楽しめているので、このまま最後まで視聴できたらラッキー?って感じのアニメになります。

 

最後に『王様ランキング』ですが・・キャラクターの作画がちょっと子供向けな割には背景や脚本がしっかりしていて、声を当てている声優陣もベテランの演技派で固められています。

 

話が進むにつれて面白さが増しているため、いつしか毎週楽しみになっているという困ったアニメです。

 

たぶん『王様ランキング』はダークホース枠に入ると思うんだけど、個人的には今期一番面白いと感じている作品なので2期とか3期とか、原作のストックが十分にあるならぜひ続けて欲しいですね。

 

まぁ押しは『王様ランキング』って話です。

2021年11月13日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

Windows11 インストール 完了

一番新しいVaioにWindows11をインストールしてみた。(それでも古いけど・・)

 

このPCしかCPUのチェック項目をクリア出来なかったため、お試し気分でインストールします。

 

インストール中に「Windows11」「不具合」で検索すると出るわ出るわw

 

殆どの人が 現状の「11」は入れるべきじゃない という意見でしたねw

 

しかしながら、うちのVaioは「11」を入れても不具合らしい不具合はなく・・

 

「1600×900」という中途半端な解像度を使っているからか「7」では問題なかったフォントが「10」ではカクカクになりインストールして速攻ブチ切れたのを覚えています。

 

それが有難いことに「11」では改善されていて「7」と同じくらい綺麗に文字が表示されました。

 

個人的にはこれだけでも「11」をインストールする価値があります!

 

(フォントの改善をクローズアップして喜んでいるのはおそらく日本で私1人でしょう・・)

 

あとはデスクトップの表記が今までと違うため慣れるまで若干の違和感があるかも知れません。

 

電源の落とし方とか最初は分からないと思いますw

 

ただし操作に慣れてきて自分好みに設定出来るようになれば「10」より「11」が使い易いと感じました。

 

私が「10」から「11」に変更して良かったと思えるのは、かなり限定的な部分に該当するので、一般的に考えると「11」をインストールするのはまだ見送った方が良いのかも知れません。

 

今まで使えていた「アプリ」が使えなくなったり不具合を起こしかねない可能性が生まれるのであれば・・

 

わざわざ人柱になって「11」をインストールする必要は全くないでしょう。

 

本音としては上記の通りですが「11」にしても問題らしき問題は発生しなかったと一応言っておきます。

 

このVaioで何か不具合がでたら【追記】にて報告しますので気になる方は時々チェックしてみて下さい。

2021年11月7日 | カテゴリー : 日記 | 投稿者 : pasuta

「FF14」 その81 フロントライン Gaia 遠征!

「Mana」永住でもいいかと思っていたのですが、しばらくするとやはり「Gaia」が気になってしまってw

 

そんな訳で今は「Gaia」に来ています。

 

以前来た時の「Gaia」よりも毒が抜けていると言うか大人しくなったと言うか・・なんか頭の悪い固定連中がどこかへ消えた?もしくはPveメインの勘違いさんが居なくなったと言うかそんな感じです。

 

ただ「フロントライン」に来ている人達の平均的な練度で言うと・・今まで通り「Gaia」が最下位なのに変化はありません。

 

夏休みの時の「Ele」「Mana」と同じくらいの人達で溢れています。(練度の話ね)(つまり初心者勢)

 

目の前の敵を追っかけるだけで「点数」や「マップ」を見ている人が非常に少ないです。

 

あと上手な「ヒラ」もほぼいません。上手な「ヒラ」が少ないとそれに比例して「召喚士」の数も少なくなります。「召喚士」は凶悪スキルの「範囲スタン」を持っているので前線に出ると真っ先に狙われます。

 

しかも「召喚士」には自衛スキルがひとつも用意されてないので「ヒラ」がその事を理解せずに動いているとどんな上手な「召喚士」でも死にまくるのです。

 

ライン戦にいれば有利に働くDPSも「ヒラ」が上手でなかったら前線に出るのを躊躇するようになり(デスによるポイント減少を防ぐため)「役に立たてない」もしくは「召喚士自体をやらなくなる」という結果になってしまいます。

 

日本人は家庭用TVゲーム機の影響が強いのでPCでプレイしていてもコントローラーを使う人が多いです。

 

そのためマウスやキーボードでプレイしている米国ユーザーには逆立ちしても敵いません。

 

(特にヒラの動きが顕著に違う!)(北米DCなら他PTからの回復が普通に多い!)

 

以前のようにどうにかして自分が導いてやろうという気持ちは無く、今は観察するような気持で参加しています。

 

(がんばって注意したり指示したりしても、思いの他反感が強く続ける気にはなりません)

 

意外に思うかもしれませんが固定が多いと逆に勝てないのです。上手な固定なら瞬滅力と勢いで勝てますが、そうでない固定が多いので固定さんイコール高揚厨という認識で間違いないかも・・

 

何言ってもいう事聞かないし、目の前の敵や3位とかを必死で殴ってるだけなので質が悪い・

 

上手な軍師がいないのも「Gaia」にとって大きなマイナス要因になります。

 

以前「Gaia」に訪れた時はもちっと気性の荒そうな固定や軍師が大勢いたと記憶していますが、今は全然いませんね。どこに行ったのでしょう。

 

とりあえず軍師している人に毎回言っている内容ですが、後半の勝負所まではぶっちゃけどうでもいいので指揮の重要性は低いと考えます。

 

それでも指揮するなら注意点が2つ、この2点だけは何がなんでも意識して指揮してほしいですね。

 

1つ目は勝負所となるポイントまでは1位と大きく点数が離れないようにする事。これが出来ないと最後にいくつもの偶然が重なり合わない限り自力で勝てなくなるので本当に気を付けて下さい。

 

2つ目は点差が離れている3位のヘイトを無駄に集め過ぎないよう注意する事です。

 

終盤で1位と2位が僅差だった場合、高確率でヘイト取っている方の足を引っ張りに3位は動きます。

 

(1位が挟撃されるのは当然ですが、3位が挟撃ばかりされるとそのGCは1位ではなく2位を優先して攻撃するようになります)

 

「Gaia」で目立つのは勝負所なのに関係の無い場所へ全軍を移動させる軍師が多いことです。

 

「Ele」でも多かったけど点数見てないのは軍師としては致命的。マップを見たらついでに視界に入って確認出来る場所に点数を配置しましょう。

 

そうしないなら味方を負けに導くクソ軍師以外の何者でもありませんよ。

 

あとは最初に言っているヒラさんの練度の低さでしょうか・・終節戦の中央でバーストを受ける際、その中心に移動するヒラは「Gaia」には1人もいませんね。

 

全員が我先に逃げています。「Ele」には何人か出来てるヒラいたけど、そのレベルのヒラは「Gaia」には皆無。だから味方のDPSが簡単に死んでいくのですよ。(ほぼヒラのせいです)

 

「Gaia」の良いところは「Ele」ほどバカな高揚厨が多くないところで、序盤に1位と2位がしつこく3位を攻め続けるような光景はあまり見かけません。(「Mana」も「Gaia」に似ています)三つ巴を前提に「フロントライン」が作られているため、ここが破綻してしまってはコンテンツそのものが成立しないんですよね。

 

なのでここだけは現状維持でよろしくお願いします。

 

最後にフロントライン動画ですが、面白い試合が幾つかあったのに録画していませんでした。残念w

 

フロントラインを勉強しようと思ってここを訪れた「Gaia」の皆さん!興味があるようならこっそり視聴して自分やフレンドが活躍していないか一度調べてみては如何でしょう。YouTubeでは検索してもあまり表に出ない設定にしてあるので、ここのリンクから移動するのが早いと思いますよ。では!

 

制圧戦 召】【争奪戦 召】【争奪戦 召

2021年11月3日 | カテゴリー : FF14 | 投稿者 : pasuta

「FF14」 その80 フロントライン さらば Mana!

うーむ「Mana」永住でも良いかと考えていましたが、やはり心のどこかでホームは「Elemental」とでも思っているのか「Mana」へ来てしばらくすると「Gaia」へ行く欲が湧いてしまい、今はもう「Gaia」に居ます。

 

リアルでも私の行動力は普通じゃないとよく言われるのですが、どうも普通じゃないみたいですねw

 

そこそこ滞在していた「Mana」の印象はと言うと・・常識のあるPCが多いのでやはりPVP初心者は「Mana」から始めるのが精神的に良いでしょう。(この辺りは以前のまま変化なし!)

 

少し前の記事で「Mana」はヒラの練度が高いと書きましたが夏休み終了と同時に上手なヒラさん達は居なくなりました・・(たぶん他GCから夏休みの間だけ遊びに来ていたのかな。私のように・・)

 

なので「Mana」に上手なヒラが特別多いと言う内容は訂正です。(まぁ普通かな)

 

今は「Gaia」にいるのでこちらとの比較を行います。

 

ライン戦になった時の瞬滅力はどちらも同じくらいか微妙に「Mana」の方が上、軍師の質も両方同じか「Mana」の方が若干上くらい、優先的な目的地への移動も同じくらいか「Mana」の方がちょっと上。

 

「Gaia」は昔のような荒くれものが居なくなった反面、古参の割合が下がっているのでどうしても平均的な練度が低くなってしまいます。

 

ただ口の悪い人が少ないので「Gaia」も今は新人さんが参加するには良い環境になっていると感じました。

 

固定参加している割合は「Gaia」の方がちょっと多いと思います。なので常にソロ申請で参加しているなら「Mana」でプレイした方が高い勝率になるでしょう。

 

「ヒラ」が不足している割合は「Gaia」の方が高いです。「Mana」は「ヒラ」に着替えるPCが「Gaia」よりも安定して多いですね。

 

まとめると「Mana」は以前来た時よりも全体的に練度が下がってるくらいで他は変わりない印象です。大きく変わったのは「Gaia」で完全に毒が抜けて新人には居心地の良い環境へと変化しています。

 

(練度は下がっているけど良くなったとも言えるのかな・・)

 

比較対象に「Ele」を入れていないのは、おそらく今の「Ele」は癖の強い連中が集まった混沌DCになっている可能性が高いと思ったからです。

 

もうすぐしたら「Ele」に帰る予定なので、こちらの情報はその時に報告したいと思います。

 

最後に「Mana」や「Gaia」にいる間はそれほどヒラは出していません。私はよそ者なので出来るだけ自分達の力で何とかして欲しかったからです。

 

「召」の時もそれほど前線には赴かず裏方として動いていました。まぁ負けるのは嫌なので勝負どころでは指示していましたがwあまり言う事を聞いてくれないのは「Mana」「Gaia」共通ですね。

 

時々しか録画していなかったので、まともな「フロントライン」の動画はありませんが一応3つほど残しておきます。「Mana」の皆さんはこれにてしばらくお別れです。次に会う時は「Mana」の平均的な練度が上がっている事を切に願います。

 

終節戦 占】【砕氷戦 召】【終節戦 召

2021年11月1日 | カテゴリー : FF14 | 投稿者 : pasuta